2017年03月28日

福岡市と言えば屋台、屋台のうんちく


IMG_1585.jpg

(最高地価場所<820万円/坪>にもしれっと屋台が出とうよ)


福岡市の中心部では夕方になると歩道に屋台が並び始めます。
日本の屋台の40%が福岡市にあるそうです。
屋台はリヤカー式になっていて、近くの駐車場から移動して来ます。
営業に必要な調理道具とか材料、燃料は別に車で運んで来ます。
それなら最初から軽トラックでも改造して屋台にしたらと思いますが、それはできません。
リヤカーでないと屋台営業の許可が下りないからです。
それと屋台は警察の「道路使用許可」で済みますが、車だと許可にならないので駐車違反になります。

ところで単にリヤカーと言っても重量が200Kgありますので、お百姓さんが使うものとはタイヤが違っています。
中には軽トラック用のタイヤを付けたものもあります。

屋台はパネル組み立て式になっていて広げて完成させますが、歩道の占有面積に制限があり、お客のイスの外周が3m×2.5m以内でないといけません。
持ち込んだ材料、荷物も5m×3m以内に収めないといけません。これは非常に狭いです。
このことで街を回っている屋台監視Gメンとよくトラブルになります。
屋台の営業時間は夕方5時から翌朝4時まで、違反するとペナルティになります。

posted by ふうちゃん本舗 at 08:54| 店主敬白

2017年03月22日

交通安全 “宮古島まもる君” の泡盛ミニボトル


IMG_2492.jpg


沖縄土産で “宮古島まもる君、まる子ちゃん” の泡盛ミニボトルをもらいました。
宮古島の “まもる君” は有名です。
通年売られているお酒で、「交通安全」のラベルの貼られたこのようなお酒は、日本全国どこを探してもないのではないかと思います。

“宮古島まもる君” は容量100mL(約0.5合)の小さなビンに入っています。
沖縄県宮古市伊良部の「宮の華」酒造さんで造られていまして、中身は多分同じ泡盛「宮の華」だと思います。
今まで泡盛=強い酒位にしか思っていませんでしたが調べると面白いことが次々と分かりました。受け売りの知識ですが。

泡盛はタイ米(インディカ米)と黒麹から作られています。
タイ米は硬いこと、麹が作りやすいこと、麹のもろみの温度管理がしやすく、多くのアルコールが採れるということで使われています。
実際はタイ米を使わなくても出来るそうですが、例えば清酒に使われている山田錦でも泡盛は出来ますが採算に合わないそうです。

泡盛の製法が琉球に伝わったのが今から約600年前、当時のシャム国(今のタイ)からです。
タイ米で作った麹に水と酵母を足してもろみを作り、約半月かけてじっくり発酵させます。
そして蒸留機を使って蒸留してアルコール分だけ取り出します。

焼酎を作る時はもろみ作り〜発酵の行程を2回に分けますが、泡盛は1回だけの行程でじっくりと黒麹を発酵させて行きます。
焼酎と区別する意味で「全麹仕込み」と言うそうです。
しかし蒸留したての泡盛は味が硬いので(生は花酒と呼ばれている)寝かせて出荷となりますが、その間お金にならないので負担を減らすために酒造組合ではいろいろ考えているようです。

ところで福岡では泡盛愛好会があり700人の会員がいるとか。
そして毎月、場所を変えて例会をしているそうです。

posted by ふうちゃん本舗 at 13:44| 店主敬白

2017年03月16日

早いもので熊本地震から1年になりました


IMG_4601.jpg
(南阿蘇のあか牛)


熊本大地震の時は、まだ夜も明けてない時にあの不快な携帯の警報音に起こされました。
日ごろから知っていた場所の震災だけに、次々と入って来るニュースを心配しながら見ていました。

熊本市から南阿蘇に抜ける道路のトンネルは先日復旧し全面開通しましたが、途中はまだブルーシートのままで手つかずの家屋も多く残されています。
崩壊した九州自動車道もまだ復旧工事が続いています。

ところでこの地震で動物園からライオンが逃げたという写真がネットに流れ、本当かと思った人から警察に多くの問い合わせがあったそうです。
この写真は合成で、後に発信者が捕まりましたが、不安になっている時などは簡単に騙されてしまいます。

同じように東日本大震災の時、“友人の関西電力社員からの拡散依頼”ということで
次のようなものが流されましたが、2つの嘘が分かりますか?
拡散のお手伝いをした人も多かったのでは。

「原発が止まったので東電の電力備蓄が数日後に底をつく、それで関西の備蓄分を東電に回さなければならないが、多く回せるよう節電協力をお願いしたい、と友人が言っている。」

電力は1秒分も備蓄できませんし、そもそも備蓄システムなどありません。
それと関西と関東では周波数が違うので周波数変換しなければ送れません。
しかしその変換能力は全体からすると微々たるものです。
東電としてはそんな電気を中部電力経由でもらうより、周波数が同じである隣の東北、北陸電力からもらった方がずっと簡単です。
被害が出る内容ではありませんでしたが、災害を手に取ってもてあそぶのは許されません。

posted by ふうちゃん本舗 at 13:27| 店主敬白

2017年03月08日

スケボー競技もロボットに負ける時代に


IMG_1796.jpg


囲碁とか将棋、オセロで、ベテランが人工知能(AI)に負かされてしまう時代になりました。
こちらは静的な対局ですが、先日紹介されていたアメリカのロボットは、もう少し進化するとスケボーの大会などにも出られるのではないかと思いました。

そのロボットはアメリカのボストンダイナミックス社が開発した「ハンドル」という名前のロボット。
もともとは荷物を運ぶために開発したロボットだそうで、足には車輪が付いています。
今の2足歩行ロボットはまだヨチヨチ歩きですが、このロボットは左右の足のバランスを取らなくて良い分、半端でない速さで動くことが出来ます。
映像では足を折り曲げながらジャンプしている様子も紹介されていました(スキー場での小山のジャンプを想像して下さい)。

ボストンダイナミックス社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)で人工知能を研究していた教授が独立して作った会社です。4年前にグーグルに買収されています。
スケボーに限らず、プログラム次第ではもっと別な柔軟な動きが出来ると思いますので、
氷の上での3回転半ジャンプは無理としても、床演技ならかなりの高得点がもらえるのではと思いました。

ところでロボットが進化したとは言っても、サッカーのようにチームを組んでプレイさせることはまだまだ無理ですが、プロ野球などでここぞという時に「代打君ロボット」の登場。
しかし性格(性能)上どんな球でも的確な判断をするし、打てばホームランになるので面白くないか。
それより審判をロボットにさせたらと思いますが、これも100%ミスがないから面白くないし、監督も抗議パフォーマンスの出る幕がない。

こうやって考えるとミスをすること、ポカをすることが人間の証?
しかしわざとテキトーにポカをするロボットが出たら、もう何がなんだか分からなくなります。
ロボットが増え過ぎたら火星に移住させましょう。

posted by ふうちゃん本舗 at 14:13| 店主敬白

2017年03月02日

ボールペンのボールさえ作れない、と嘆いた


IMG_6031.jpg


「中国では年間400億本のボールペンが作られているが、1本の利益は0.02円にもならない、ボールペンのボールさえ作れないで輸入に頼っている製造業を見直さなければならない」
技術がないから加工賃商売に甘んじなければならないと中国の李首相が製造業を嘆いています。

ボールペンのボールは日本から輸入していますが、単にボールと言っても普通に使われている油性では直径0.7mm、水性では0.5mmだそう。
インクを使い切るまでには45億回転することになり、それだけ摩耗に耐えられるように超硬金属で出来ています。
そしてボール表面の滑らかさは、サッカーボールの大きさに例えたら紙1枚程度の精度で磨き上げられています。

このような技術屋の地道な積み重ねが日本の競争力を作っています。
医療用の内視鏡、ボーイング787に使われているカーボンファイバーなども世界一。
こんな技術になると、いくら中国でもパクることができません。
中国企業は手っ取り早く金を稼ぐことを優先にしているから技術が育ちません。


posted by ふうちゃん本舗 at 14:21| 店主敬白

2017年02月24日

ある部分だけ切り取られたニュースを見て誤解した


IMG_1821.jpg


先日、こんなことがありました。
大雪で新千歳空港が何日か閉鎖になった時、この閉鎖に怒った中国人が騒いだとニュースになりました。
この中国人の騒ぎを見て、不可抗力なのに何故騒ぐ?大人気ない、
日本人はおとなしく待っているのにと思いました。
“やはり中国人だ”と思った人も多かったのでは。

しかし数日後、ヤフーにこの騒ぎの真相はこうだったという取材記事が2つ程載りました。
どちらも同じような内容だったのですが、それによると、
最初は皆静かに待っていたが、搭乗する中国の航空会社が乗客に全く情報を流さなかった。
他の中国の飛行機は飛んだという噂まで出て、乗客がしびれを切らして航空会社に詰め寄っていた。しかし相変わらず何の対応もしなかった。
食事もなく狭い場所に詰め込まれイライラしていたところに、これに輪をかけて空港職員がしゃくし定規の対応(規則は規則だ、ここから出てくれみたいなことを言っていたらしい)をしたので騒ぎが大きくなり、更に職員が警官まで呼んだので完全に火がついてしまった。

そうなってからマスコミが来て取材、「中国人が騒いだ」というニュースになりました。
見ましたが、テレビでは何人かが柵を乗り越えている部分だけが流され、暴徒化して騒いでいる印象となりました。

もともとは乗客ではなく、中国の航空会社の対応が悪かったことが原因ですが、
地方の空港の不慣れな対応にも問題があったようだし、
取材した地元テレビ局は騒ぎ部分だけを強調するような切り取り方をしました。
(キー局に流さないといけないのでインパクトある画像にした)

中国人が騒いだことは直ぐに中国にも伝わったらしく、ネットには中国の恥をさらした、マナーを守れない者は旅行するな、などの書き込みが溢れたそうですが、申し訳ないことをしたようです。

posted by ふうちゃん本舗 at 09:26| 店主敬白

2017年02月18日

早寝早起き朝ごはんで輝く未来、を信じる


IMG_5917.jpg


以前、冗談で「早寝早起き朝ごはん」をネット検索したら、文部科学省通達になったのでびっくりしたことを書きました。
何でこんなことまで国が口を出す?
そしてネットには次から次と、市とか町の運動推進の記事ばかり。
文科省がこれをやれと旗を振ったら、市町村の教育委員会が一斉に、ははぁとひれ伏しているような感じです。
通達は、平成18年に出されていて一過性のものかと思ったら、平成27年には何とかの局長名で指導要領まで出されていました。
文科省は本気です。それでまた茶々を入れたくなりました。

早寝、早起きをして子供に生活のリズムを付けさせる、大切なことだと思います。(親も一緒に実践しなければ意味がありませんが。)
それと、成長真っ只中の子供ですから、ちゃんとした食事を摂らせることは大事。
これも当然なこと。

しかしこの運動には余計な一言が付いているのです。
文部科学省発行の中学生向けパンフ、「早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来」の中で、
“学校の成績の良い人やスポーツで活躍している人は早寝早起き朝ごはんを実践している人が多いのです。”
福岡市の場合は言っていることがもっとリアルで、
棒グラフを使って「こんな結果が出ている」と説明しています。
それは、(通達が出された時の)平成18年福岡市学力実態調査を載せ、

小4年の場合、必ず朝食を食べているが教科平均75点に対し、全く食べない生徒は64点で11点の差が出ている。
中2の場合は食べるが64点、食べないが50点で14点の差が出ている。
これを見ると子供の健康発育を願うより、学校の成績のための朝ごはんかと思ってしまいます。

全国一斉学力調査で上位になった県は「子供に朝ごはんをちゃんと食べさせている」からです。下位の県は反省して下さい。

朝ごはんを食べれば自然と子供の頭は良くなります。文科省を信じましょう。



posted by ふうちゃん本舗 at 12:37| 店主敬白

2017年02月12日

九州大学の取り壊し、昭和が失われて行く感じがする


IMG_1871.jpg


九州大学は福岡市の西外れに新築移転中で、人のいなくなった建物が次々と壊されています。
在学した訳でも関係者でもないのに、何でしょうね、九州大学が壊される寂しさ。
大学のある箱崎地区の人たちは私より強く、同じようなことを感じているのではないかと思います。
街全体が九州大学と言っても過言ではありませんでしたから。
見ていると、大袈裟かもしれませんが、自分の中の昭和という時代が消えて行くような感じがします。

ところで九州大学は最初から今の形であった訳ではなく、京都帝国大学医学部が福岡病院を引き継いで出来た福岡医科大学が始まりです。
病院はもともと福岡市の中心部にありましたが、周囲環境が悪いということで現在地に移転(移転当時は千代村)、当時の資料を見ると周りは全部松林だったようです。
その後鉱山の古川財閥から多大な資金提供があって工学部の開設が実現し、ここから総合大学としての九州帝国大学がスタートして今の地位を築きました。

敷地内には無数の松の木があります。そんなことから九州大学のロゴは松葉をデザインしたものになっています。(余計な話ですが移転先には松の木は全くないようです。)
赤レンガ造りの本部建物、工学部本館などの建物は保存することになりましたが、引き受け先はまだ決まっていません。
文部科学省からの指示では、敷地は一括全面売却することが条件になっています。

<九州大学関連>
(工学部本館のライオン飾り)
http://fu-honpo.com/article/168618159.html
(太平洋戦争の跡が残る建物)
http://fu-honpo.com/article/168784283.html


posted by ふうちゃん本舗 at 10:35| 店主敬白

2017年02月06日

「税金対策」の意味、若い人に分かるか?


IMG_6971.jpg

表題は大げさですが、ふと思ったこと。
例えば新車を買ったとします。
この新車を見て「おっ!車を買いましたね」と言われるでしょう。
その返事に「税金対策ですよ」と言って相手が“冗談”として受け止めるかどうか。
年代によって捉え方に違いが出るのではないかと思いました。

つまり若い人だったら真面目に捉えて「エコカー減税」で節税するつもりか、と思うのでは。
ところが言おうとした意味は全く違っていまして
「お陰様で商売が順調でがっぽりと儲かった。利益を税務署に払うくらいなら車を買って経費で落とした方が良い。」
年配者だったらこの冗談が通用すると思います。

ところで私たちの若い時代は給料が安い分、何でも会社経費として落していたような気がします。
今なら利益供与として所得税を取られてしまいますし、税務署も経費に対しては厳しくなりました。
この曖昧だった時代、何か高額なものを買ったら「税金対策ですよ」と冗談を言っていました。

posted by ふうちゃん本舗 at 11:15| 店主敬白

2017年01月31日

無銭飲食の現行犯になってしまった


IMG_0786.jpg


ある日、全国展開している店で昼食を食べました。
食べ終わってさあ支払となった時、財布を間違えて持って来ていたことに気付きました。
その財布には現金はなく、カードだけ入れていました。

財布を間違って持って来たので現金がない、カードで支払えるかと聞きましたら、扱っていないとのこと。
現金がないことを伝えるとレジの女性は店長を呼んで
「お金がないそうです」とだけ言いました。
かなり声が大きかったので客の視線がサッと集まり、無銭飲食の現行犯になってしまいました。
客もこれからの展開がどうなるか興味を持って見ているのが分かります。

店長に財布とカードを見せて説明しましたら住所、氏名、電話番号を書いて「後から持って来て下さい」となりました。
このようなことから改めて見てみるとカード支払いができない店は多いですね。
それからは店に入る前に財布の中身をチェック、注文した後からも再度チェック、蚤の心臓の小心者ですので。

ところで韓国は逆にカード社会で、おばちゃん1人の小さな食堂でもカード支払いが出来ます。
しかし日本では考えられないことですが近頃は割り勘でカードを使う人が多く、レジ混雑の原因になっています。

posted by ふうちゃん本舗 at 10:49| 店主敬白

2017年01月26日

掃除機コードの赤テープの意味

IMG_6976.jpg

以前、ネットで掃除機コードの黄色テープの意味が紹介され、
「黄色テープはもうすぐ終わりの印ではなく、ここまで引き出して使えの意味だ」と。
これが皆に受けて、例えば「掃除機コード黄テープ」でネット検索すると
「黄テープの意味を知ってたか?教えてやるよ」の記事ばかり。
テレビでも同じことを紹介していました。

水を差すようですがパナソニックの場合、取扱説明書にはそんなことは一言も書かれていません。日立にも書いてありませんでした。他のメーカーも同じなのではと思います。
どこから出た話なのでしょう。
多分、海外製か何かの細い電源コードを使用している掃除機のことでしょう。細いと熱が出ますから放熱しないといけない。

それはどうでもいいことですが、実際に掃除機を使う段になるとテープとは関係なしに、止まるまで引き出して使うのではないかと思います。
赤テープが出てから5cm位でそれ以上引き出せなくなりますが、止まるまで引き出しても何か変な信頼関係みたいなものがあって、誰もがこれくらいでは壊れないと思っています。
確かにメーカーとしてはこのような困った客に対して簡単には壊れない構造にはしているでしょうが、どれ位で壊れるかの数値は持っている筈です。

壊れないんだったら赤テープの意味は?
これはメーカーとしての責任分岐点ということだろうと思います。
だったら黄テープはやはり終わり予告と考えた方が。

ところで誰か壊れるまで強く引っ張り出してみて下さい。
実際どんな壊れ方をするのでしょうか。

posted by ふうちゃん本舗 at 11:06| 店主敬白

2017年01月21日

カツカレーは私の精神安定健康食


IMG_2107.jpg

またまたカレーの話し。
ずっと前、タイである仕事をした時のことですが、習慣の違いから予定していた段取りが壊れ、工程が大幅遅れてしまいました。
日本からは何をやっているのだ!と毎日お叱りは来るし、現場は思い通り動かないしで、ストレスが最高潮に達してしまいました(いつプッツンしてもいい状態)。

その時無性にカツカレーが食べたくなったのです。
しかしタイのカレー料理にはカツカレーはありません。
それで紹介してもらった、ある「日本料理店」に行きました。
その日本料理店とは「刺身、天ぷら、寿司」ではなく、店にあるものはカレー、焼きそば、カツ丼、焼きめし、餃子、チャンポン、うどんなどの大衆食堂メニューばかりです。

その店でカツカレーを注文し、食べながら日本の週刊誌を読んでいたらスーとストレスがなくなり、また明日から頑張ろうという気になりました。
誠に単純細胞ですがカツカレーでストレス解消になりました。
ところでなぜカツカレーなのか?分かりませんが私には精神安定食のようです。
しかしそれから今まで、「無性に食べたい」という過度のストレスに遭うことがなかったのはありがたいことだと思います。




posted by ふうちゃん本舗 at 09:17| 店主敬白

2017年01月16日

日本全国カレーの日、1月22日

IMG_6974.jpg

(天神様へ合格の思い厚く)

1月22日はカレーの日です。
1978年1月22日に全国一斉に小中学校の給食をカレーにしたことからこの日が記念日となりました。

ところで韓国人留学生が言っていたことですが、日本人の友人たちと学食に行った時、
なぜ彼らがカレーを好んで食べているのか不思議に思っていたそうです。
韓国ではカレーは旨い食べ物ではなかったので。
しかし実際食べてみると「韓国のカレーとは全然違う。これは旨い!」と思ったそうで、
それからは週に1〜2回は食べるようになったと言っていました。

農水省の調査統計では日本人はカレーを1人当たり1年に78回食べていて、カレールーを使った「我が家カレー」は月に2.5回食べているそうです。
今や日本の国民食となっていますが、中国でも「人民食」になるのではということ。

産経新聞のネット記事によると日本のハウス食品の地道な努力で(日系企業の社員食堂でカレーをメニューに取り入れてもらった)日本のカレーが知れ渡るようになり、またバーモントカレーは子供でも食べられると人気。
上海の工場では生産が追い付かず、大連に3倍の生産規模を持つ工場を稼働させたそうです。
ところでハウス食品は中国人が好む香辛料「八角」入りの“ご当地カレー”も開発して主婦層に売り込んでいたそうです。大変な企業努力と思います。

posted by ふうちゃん本舗 at 09:02| 店主敬白

2017年01月11日

終点折り返し電車は休めず大変です


IMG_6352.jpg
(1月3日に行われる博多筥崎宮の玉せせり)

電車が終点のホームにゆっくり入って来て止まりました。
運転士が車掌に会釈をして降り、代わりに車掌が乗り込んで手早く機器のセットをします。
そして車内放送をして時間が来たらドアが閉まり折り返し電車が出て行きます。

人間は休みますが、電車は休みなしに一日中働かされるので大変です。
口には出しませんが鉄道会社を“このブラック野郎”と思っていると思います。
それとも生きがいを持って楽しく働いているのか?

ところで、過酷な労働時間ということで問題になった“電通”
工場の生産現場なら時間が来ると「はい終わりです」で済みますが、
電通がやっているような仕事は時間が来たら終わりという具合にはいかないので、
これから先どうやって行くのかと思いました。下請けに全部押し付けるのか?
下請けは電通と違って何の保護もないので地獄が来るだけ。

大手ばかりが問題視され、そして保護されて、更に職場環境が良くなる。
実際はこれを機会に改善されなければならないのは中小、零細の方でしょう。
大手は指導すれば改善結果が直ぐに出るので役所としてやり易い。
しかし中小零細では就業時間の問題だけでは済みません。

こんな時思いますが、民進党、共産党その他諸々の自称労働者の味方”はどんな立場なのかと。
一緒になって電通叩きして、それ以外は与党の揚げ足取りばかりしているから何の役にも立たない。

posted by ふうちゃん本舗 at 09:44| 店主敬白

2017年01月06日

合格祈願 「絶対に落ちない」合格大仏 


IMG_5681-1.jpg

受験シーズンですので再度紹介。
受験生にご利益がありますようにと願いながら。

テレビ番組の中で「絶対に落ちない」という合格大仏さんを知り、東京に行った時に拝観させて頂きました。
それは東京の上野公園の中にあります(が、案内看板もなく全く分かり難い。ただひっそりとたたずむ、という感じ)。

しかしこの大仏さんの歴史を調べてみると受難の連続だったのです。
今から約400年前、1631年に慰霊のために釈迦如来坐像が建立されました。
しかしその16年後、地震によって崩壊し約20年後に再興。それから200年後の安政大地震で頭部が落下。そして修復されるも1923年の関東大震災で再び頭部落下。

しかし資金難のため再建をあきらめて保管。
更に1940年の戦時中には軍から金属供出命令を受け顔部分以外の金属は全部取られてしまいました。
鉄砲の弾に作り替えられてしまったそうです。
いくら戦争とはいえ、罰当たりなことをしたものだと思います。

そして1972年に保管されていた顔部分をレリーフとして跡地に安置。
“これ以上落ちない”ということで「合格大仏」として知られるようになりました。
これだけ苦労を積まれた大仏さんですから、そのパワーをご利益として頂きましょう。
私は顔に触らせて頂きました。
(余計なことですが)どこでも大仏は上から参拝者を見下ろすような形で作られています。ですから合格大仏さんの場合はしゃがんで目と目を合わせ、そしてしっかりお願いして下さい。

IMG_5685-1.jpg


posted by ふうちゃん本舗 at 08:18| 店主敬白