2018年02月12日

公立小学校制服がアルマーニに、住む世界が違うではいけないの


IMG_6971.jpg

先日、東京の公立小学校の制服がアルマーニのブランド物になった、
全部揃えると8万円以上かかるという話題で賑やかでした。

話題の小学校は中央区立泰明小学校。
その時思ったこと、はて?どこかで聞いた名前・・。
そうでした、銀座のど真ん中にある小学校でした。

と言うのも、この小学校のすぐ近くに資生堂もあって、
そこの通りが花椿通り。
JR有楽町駅から、数寄屋橋公園、泰明小学校、みゆき通り、
交詢社通りを経て電通、そして花椿通りへが、歴史的なことを知りながらの
ディープ東京の散策コースの一つになっていますので覚えていました。

最初、ネットで見た時は週刊誌的な内容なので、このまま終わりかと思いましたら、
夜のNHKニュースで大々的に取り上げられ、その後こぞって民放番組でも。
出るのは批判ばかりでした。
菅官房長官からもお咎めがありました。

(九州の者がいろいろ言うことではありませんが承知の上で)

確かに福岡市の公立小学校がこんなことをしたら徹底的に叩かれるでしょう。
しかしこれが銀座なら「住む世界が違う」ことと済ませてもいいのでは。

この泰明小学校は関東大震災の時に崩壊し、
再建の住民カンパを募ったところ予定以上のお金が集まり、
いろいろ贅沢なことができたそうです。それが今の建物。
(都から歴史建造物に指定されています)
他の地域とは差が出たそうです。
つまりここは昔も今も余裕を持っている街。

私立小学校での話だったら全く話題にもならない話ですが
「公立」ということで引っかかったんでしょうね。

マスコミは “公立はこうあるべきだから” と押し付けをしている印象。
また“保護者からも批判が出ている”というのはちょっと意味が違っていて、
本音は次のようなことなのでは?

この泰明小学校、住民の子供が少ないので他の学区からの入学を認めています。
つまり公立小移民” しなくても行けるので、
抽選をしなければならないほど入学希望者が多い人気校となっています。

他の学区から通わせている親は制服などどうでも良い話。
中学受験には関係ないこと。
こんなことにお金をかけるならもっと塾の方にかけたいと思うのでは。

地元環境を大事にしたいという学校と、受験が目的では当然違いが出ると思います。

(正論の「公立はお金がなくても分け隔てなく」は、
東京中心部では通用しないのでは? 余裕がないと住めない。)

私のようなボンビー人が言うことではありませんが、
今まで築いてきた「高級銀座」というブランド、
それを守るということも(住民意識も含めて)大切なことなのではないかと思います。

銀座がどこにでもある街になってほしくありません。

posted by ふうちゃん本舗 at 12:15| 店主敬白

2018年02月06日

街の移り変わりの早さ、記憶喪失状態になる


P1040374.jpg
(バレインタインおみくじ)

先日、ちょっとした用を済ませた時、
若い時に暫く住んでいた4畳半一間の安アパートの近くまで来ていたので、
懐かしさもあって寄ってみました。

ところが大通りの角を曲がったら唖然、目の前には何もない更地が続いていました。
住んでいた時にはいろんな店があって買い物客で夕方は賑わっていました。

アパートはこの通りから1つ奥まったところにあって、
大家さんは掃除が趣味なのか、しょっちゅう掃除に来ていました。
このアパートもありませんでした。

この何もが無くなったところにぽつんと仮店舗の八百屋があったので、
これはいったい何ごと?と訊いてみました。

「ここは昔の□□通りですよね?」
「今も□□通りですよ」とおばさんが笑いながら答えてくれました。

話しによると、やっと再開発の話がまとまり、
一旦撤退して建物を全部壊したあと小規模ビルなどを建てて、
また戻って来るそうです。

前の賑わいが戻るといいですねと言って出ましたが、
好きだったこの通りが、全く私の記憶に無い景色になってしまうのかと思うと複雑です。
しかし、変わるということは、街が生きているという証拠ですから良しとしましょう。

帰り道、ここでのアパート暮らしの時を思い出しました。
部屋はエアコンなどないので外の気温のままでした。
マージャン禁止令もありました。
しかし、いかに音を出さないでやれるかが技術でした。

朝、大家さんが入り口にいるので泊まりで来ていた彼女が帰れなくなっていて、
脱出の手助けを依頼されたことも。

そう言えばシンナーを吸っていた者もいましたね。
本人からは何故か信頼?を持たれていて結構話し相手になっていました。

街の景色では記憶喪失になりますが、こんなことは忘れていないようです。



posted by ふうちゃん本舗 at 08:57| 店主敬白

2018年01月31日

飛行機の通路上での、子供のうんこ


IMG_1256◎春節を迎えるA4.jpg
(春節を迎える)

北京市内からちょっと離れた場所の、昔からの古い住居だったところが、
道路側だけ改装され洒落たブティックなどになって若い人を集めています。
そこでの光景。

奥にある住居から幼児が前の道路に出て来て、
いきなり店の入り口前で紙を広げてうんこを始めたのです。

これにはびっくりしましたが、
それよりも店の中から店員が見ていましたが何の注意もしなかったことは意外でした。

これが毎日の生活習慣となっているのかと思いました。
昔からの住居で子供がぽっとんトイレに行くには危ないので、
地面に紙を敷いてさせるようにしているのだと思います。
思い出せば日本でも同じようなことをしていました。

中庭では鳥とか動物も飼っていますので
「前の道路でしろ」と言われているのかもしれません。

同じようなことで、飛行機の通路で子供にうんこさせた話がありました。
民度が低いと軽蔑する前に、飛行機はまだ乗り慣れた人ばかりではないので、
トイレを子供と一緒に使いきれるのかどうか。

子供も座るトイレには馴染みがないかもしれませんし、
中国のCAは絶対こんなことには協力するわけがない。
母親としては子供の緊急うんこが最優先ですから、
躊躇せずにそのようにしたのではないかと思います。

(中国のCAもキツイですが、母親はそれ以上に強いので
非難するCAと言い合いになったと想像します)

5000年の悠久の歴史を誇る中国も、
周りの環境が急激に変わっていますので、
あと10年もすれば意識も変わって行くのではないかと思います。

中国では2月の春節が人民大移動となりますが、
この時のことを思い出しました。
今年の春節は2月16日。

posted by ふうちゃん本舗 at 21:12| 店主敬白

2018年01月26日

イルミネーションもなくなり、寂しくなりました


IMG_4367.jpg


街を飾ったイルミネーションもなくなり、
平常に戻り寂しくなりました。

イルミネーションの起源は16世紀のころ、
ドイツの(宗教改革)マルティン・ルターが、森の中で見て感動した輝く星を、
木の枝に多くのロウソクの火を飾って
景色を再現しようとしたことが始まりだそうです。

ところで、昔はLEDでなく小さな電球を使っていたので、
熱で木が枯れると、イルミネーション論議があったのを覚えています。

場所は東京の青山、表参道。
その頃は街路イルミネーションなど、東京でしか出来なかったことでした。

思い出になりますが、
仕事が遅れて大みそかに福岡に帰ることになりました。
そこで30日の夜、
表参道のイルミネーションを一目見てみたいと思い出かけました。
ところががっかり、イルミネーションは終わっていて、
代わりに初詣にそなえ、日の丸の小旗と提灯がずらりと飾ってありました。

明治神宮の参道ですから当たり前。
しかし、本当に力が抜けてしまいました。

ところでロウソクの火で思い出しましたが、
台湾の有名なお寺、龍山寺(ロンシャンスー)は、
円錐形の赤い台にずらっと小さいロウソクが立てられていて、
それぞれが放つ光の揺らめきは、それはそれはきれいなものでした。

今は全部が橙色のLEDに替わってしまい情緒も何も無くなってしまいました。
しかし、ロウソクが毎晩2〜300本も燃えてしまうことを考えると、
情緒より省資源でしょうね。


posted by ふうちゃん本舗 at 20:51| 店主敬白

2018年01月19日

博多の大博(たいはく)通り、博多湾からの風を感じる


P1040404-1.jpg

大博通りで唯一残る立退きの跡(IDEX新出光本社ビル)。
1階部分の引いている所から道路まで、立ち退きに応じない1軒の民家がありました。
それで民家を残したまま、一部屋根に覆い被さる形でビル建設が進められました。
この窪みはその時の名残です。(グーグルのストリートビユーで状況が分かります)
ところでIDEXは、博多山笠の時は会社あげて多大な支援をされています。


博多駅から真っ直ぐ、
博多湾に通じる大通りを大博(たいはく)通りと言います。
福岡国際マラソン、博多山笠のコースにもなっています。

以前はここに路面電車が走っていて、
通りに面して住宅があって、畑などもありました。
そんな昔からの街並みが都市計画によって立ち退きさせられ、
今の大きな道路が出来ました。
立ち退きはスムーズには行かず、10年以上かかりました。

博多湾と直結していますので朝は海風、
夜は陸風を感じなければならないのですが、
実際は通りの両脇に高いビルが並んでいるので
風の誘導路みたいになってしまい、博多湾の風がまともに来ます。

(それを利用して)この通りにはおすすめの季節があります。
11月〜12月、街路樹の葉が落ちる頃、
人もいなくなった夜遅くに歩いてみて下さい。

風がぶわっと吹いて、枯葉が足元に当たります。
ああ何とも寂しい感じ、どんな鈍い人でも胸がキューンとなる筈です。

夏の恋も終わりとなって、落ち込んでいる時には最高のシチュエーションです。
街路灯だけの明かりも寂しさを増してくれます。
自分の世界に浸ることができます。ここで寂しさを楽しんでみて下さい。
歩いている内にふっ切れますよ。


posted by ふうちゃん本舗 at 22:34| 店主敬白

2018年01月13日

「みらいへの手紙」、九州電力のCMは反原発を意識して?


IMG_9211.jpg

九州内に限られていますが
「みらいへの手紙」シリーズで九州電力のCMが流れています。

今流れているのは、未来の君へを伝えるナレーションと共に、
最初に石炭火力発電所、次に地熱発電所が出て、
最後に自然豊かな中のダムになって、水力発電設備の点検で終わります。

原子力は2カ所ありますが出てきません。
出すと反感を買うからと思います。
九州電力としてもいろいろと気を使っているようです。

しかし九州の電気供給量の14%は原子力発電、
それとCO2を出す火力発電が67%
(LNGガスが33%、石炭が31%、石油が3%)という現実。
そして水力発電が4%、地熱は1%以下。

これで総発電量の85%を占めています。
あとの15%が太陽光発電(8%、昼だけ)とか、
風力とか、企業発電所からの余剰など。

九州内の新幹線、JR九州とか西鉄の電車もこの電気をもらって動いています。

ところで、毎日の発電量の約半分、45%は
原子力と石炭火力を使って一定量の発電をしています。
理由は、この2つは需要増減に細かい対応が出来ないからです。

需要変化に対してはLNG火力が受け持ち、
昼間は太陽光も入れます。

ところで火力の「石油発電」。
聞き慣れないですが、ケーブル供給できない島の電力は、
人の背丈ほどもある何台ものディーゼル発電機によって賄われています。

九州電力のCMを見て、
えっ?何でダムが出る?と思ったことから、こんなことを書いてみました。
あまりにもイメージ中心で、現実離れしていましたので。


posted by ふうちゃん本舗 at 21:12| 店主敬白

2018年01月07日

相撲の暴力、いつから良い子扱いに


IMG_6784-1.jpg

(福岡城址  真冬の光イベント)

横綱の暴力沙汰が表に出て過剰な反応になりました。
まるで殺人犯を捜すようなマスコミの取材ぶり、フラッシュの嵐でした。

ところで、これが相撲でなくプロレスだったらどう扱ったでしょう?
同じように「今どき暴力はいけません」になったかどうか。
話題にもならなかったのではと思います。

学校、実業団の相撲競技とは違います。
血の気が多い者だけが勝ち残るプロの世界。
殺すまではしないまでも(実際殺してしまった親方もいましたが)、
多少の暴力はあって当たり前なのではと思います。

年功序列で横綱にはなれませんし、当然強い者が絶対的な上。
運動会の時、一緒に手をつないでゴールしましょうみたいな、
きれいごとを言って済ませられるような世界ではないことは確かです。

ところで相撲興業は江戸時代の昔から大衆娯楽として楽しまれて来ました。
以前は本場所は2回しかなく、これでは食べて行けませんので地方巡業をしていました。
その後4回になり今の6回になりましたが、以前の名残で地方巡業は続いています。

娯楽ですので、巡業先では地元力士を勝たせる配慮をしますし、
幕内力士は順番で勝ったり負けたりしています。

私が思うに、今回起きている問題は暴力ではなく、
同じ国籍の者が多く集まり、それも上下関係がはっきりしている中では、
何かを有利に動かせることも可能ではないのかと思います。

以前は八百長がありましたが、今度は外国籍親方問題が隠れているような気がします。
マスコミはただただ暴力反対、貴乃花親方の奇人変人扱いに終始していますが、
本質はそうじゃないのでは。

それとマスコミに腹が立つこと、
ものごとには裏と表、影と日なたがあっていいじゃないですか。
エンターテイメント内容なのに、正義ぶって何もかも日に晒す必要があるのかと思います。
今回の報道騒ぎには白けてしまいました。

年が明けた直後、「午前0時00分の貴乃花部屋」と、
暗視カメラ風に照明なしの中継をした(バカな)局もありましたが、
何を考えているのやら。

IMG_6921.jpg



posted by ふうちゃん本舗 at 10:27| 店主敬白

2018年01月01日

「2位ではだめなんでしょうか」からもう8年か


IMG_1611-1.jpg

1月3日に行われる筥崎宮の玉せせり、玉取り祭り。
海組と陸組に分かれ玉を取り合い、その年の豊作、豊漁を占います。
博多はこれで1年が始まります。


謹賀新年。
昨年末、新しいスーパーコンピュータ(以下スパコン)を開発している代表者が、
補助金不正受給の疑いで逮捕されました。

この時のニュースで知ったことですが、すごいものを開発していたんですね。
逮捕されなかったら分かりませんでした。

ところで日本が持っているスパコン「京(けい)」は一度世界一になりましたが、
その後は中国に上位を奪われています。

民主党時代の事業仕分けの時に、蓮舫さんの、あの
「なぜ1位にならなければならないのでしょうか」で開発予算は凍結。
その結果中国の台頭を許すことになりました。
不況で国力がありませんでしたし、民主党は科学技術より目先の福祉優先でしたから。

ところで今回の開発コンピュータの計算能力は「京」の128倍。
民間で開発のスパコンでは世界4位の能力だそうです。
「京」はとにかくでかいので、本体を置く大きな建物とは別に冷却機専用の建物もあります。

今回のスパコンは大掛かりな建物は不要。
それは本体を冷却するのに空気を使わず、透明の液体の中に浸けているからです。

電気は濡れたらショートするという常識しかありませんでしたので意外でした。
純水を使っても電気は通しませんが、酸素分子の入っていない何か特別の液体なのでしょう。

こんなものを開発した当人が逮捕されるとは残念。
税金を投入して開発したのに、この会社が傾いたら
また中国企業が手を出して来るのではと心配します。



posted by ふうちゃん本舗 at 10:59| 店主敬白

2017年12月27日

年越しそばのルーツは博多 知ってた?


IMG_1089.jpg

年末のダメ押し、これを言わないと年が越せません。
年越しそばのルーツは博多。

「(博多の)承天寺の創建に尽力し、博多の発展にも貢献した貿易商・謝国明が
大みそか、(年が越せるようにと)飢えに苦しむ町民にそばがきをふるまったところ、
そのおかげか翌年には宋の貿易船が多数来航し、博多の町が活気づいた。

それが博多で年越しに食べる「運そば」となり、
現在の「年越しそば」の原型になったといわれている。」
(地元紙、西日本新聞から転載)

知ってましたか? 年越しそばのルーツは博多。
来年も良い年でありますように。
皆さん、年越しそばを食べて、良いお年を。


posted by ふうちゃん本舗 at 15:16| 店主敬白

2017年12月17日

博多のうどんにはコシがない?


DSC_0004-1.jpg

今はイベントでないと餅つきを見られませんが、
昔は「餅つき屋」という仕事があって、(農家の人の年末アルバイト)
機材一式を持って家を回って餅つきをしていました。
威勢のよいかけ声を思い出します。


さて本題
福岡市出身タレントのタモリさんか「うどんにはコシやらいらん」と言っていますが、
博多のうどんは確かに“コシ”を否定。

ですからよそから来た人は軟らか過ぎておいしくないと言います。
しかし “コシがない”のではなく「口当たりが軟らか」というのが正しい言い方。

本当に美味しくなかったら既に廃れてしまっていますよ。
忙しい商売人が多かったために飲み込むように早く食べられるのが好まれたことと、
博多の水が麺を軟らかくしたと言われています。
四国のうどんのように硬く締めたら苦情が出たでしょう。

そしてこの軟らか麺に合うのが昆布と鰹節などの魚介類からだしを取ったつゆ。
透き通っています。
そしてトッピングがごぼうにころもを付けた天ぷら。
「ごぼう天うどん」と、「かしわご飯」が博多での定番です。

因みに博多ラーメンが極細麺である理由も
客に早く提供できるようにしたからです。
忙しい魚市場の人を相手にしていましたので。



posted by ふうちゃん本舗 at 10:33| 店主敬白

2017年12月10日

うどん、そば、饅頭の発祥の地は博多


DSC_0002-1.jpg

うどん発祥の地の石碑(左)と饅頭所の石碑(右)

うどんとかそばは古い昔からあった食べ物ですが、
なぜ博多が「発祥の地」と言われるのでしょう。

それは鎌倉時代に博多の僧侶、聖一国師が大陸から製粉技術を持ち帰ったことによります。
それまでは日本の製粉技術では生産量が少なく、
限られた人しか食べることが出来ませんでした。

それを大陸の最先端製粉技術で大量生産が可能になったのです。
これからうどん、そばが庶民の食べ物となりました。

饅頭については聖一国師が博多の町を托鉢していたところ、
お茶屋の主人が中国で学んだ蒸し饅頭を紹介したことが始まりといわれています。
そしてこの製粉技術と相まって簡単に饅頭も出来るようになりました。

当時は博多港が大陸への貿易を一手に引き受けていたので、
大陸文化は博多を通じて日本の中へ広がって行きました。

こんな異文化を取り入れるというDNAは今も博多の街に引き継がれていると思います。

博多駅の近く、聖一国師が開いた承天寺には
「うどん、そば発祥の地」の石碑があります。
それと、横には「御饅頭所」の看板石碑もあります
(聖一国師が書いた御饅頭所の看板原版は東京の「虎屋」がお持ちです)。


posted by ふうちゃん本舗 at 09:51| 店主敬白

2017年12月02日

患者に逃げられたか?人が減ったら何事も大変


IMG_4768.jpg


大手企業の検査不正が相次いで発覚し、
JISとかISOの認証を取り消された企業もあります。

日本製品は品質が保証というのが売り物だったので、世界的にも信頼性がなくなってしまいました。
私たちの世代からすると全く情けないという思い。

この背景にはリーマンショック以降の不況の時に人員を減らし、
それでも生産量は確保せよの命令。
上は数字を追及するし、下は人手が足りない中、納期優先。

不合格品を出すと損失になるので隠さざるを得ない。
それと現場のベテランが定年で辞めるので、技術力低下もあるでしょう。
技術で勝負して来たのに残念。

ところで同じく、人が減ったらこちらも大変。
いつも待合室が満席になっている単科医院でしたが、
先日行ってみると本来なら混雑する時間帯に数人しかいませんでした。

評判で成り立つ職業なので何か原因でもありそう。
それかどうか分かりませんが、この医院のすぐ近くに
同業医院が「セカンドオピニオン」と描かれたでっかい看板を(意識的に?)立てています。

そちらに患者を奪われてしまったのか。
患者としても自分の身は可愛いし、良い先生に見てもらいたいと思うでしょう。
患者が少ないと利益も少ない、
活気がなくなる、
患者は診察までも信用できなくなって逃げる、
というような負のスパイラルに入ってしまいます。

医院を移転拡張し、黒塗りのベンツでご出勤だった順風満帆の院長先生でしたが、
潮目が変わってしまったようです。


posted by ふうちゃん本舗 at 23:00| 店主敬白

2017年11月24日

ESG投資が話題になっているそう


IMG_5454.jpg


経済の投資のことは分かりませんが、
近頃ESG投資というのが多くなっているそうです。
ESGとは、E:環境、S:社会、G:ガバナンスだそうですが、
生産において地球の環境を守っているか、長時間労働をさせていないか、
人権侵害をしていないかなどを監視して、それを守っている企業に投資しようというもの。
投資される金額が大きいので無視できない存在ですが、
企業としてはこれが非常に大変なこと。

例えば洗剤メーカーの「花王」が紹介されていましたが、
原材料に使っているパーム油、今まで商社を通じて一括で買っていたものがそれでは済まなくなりました。

というのも、パームヤシの収穫に子供が使われている事実があり、
現地作業員にも過酷な労働をさせていて、これが問題になっているからです。

花王としては使うからには収穫の末端まで行って管理する必要が出て来ました。
全日空の機内食も同じ、どこからか仕入れて、それがどのようにして作られたのか、
例えばネギの1本まで、1つ1つ確認しなければならなくなりました。

産地偽造が横行し、今は産地表示は当たり前になりましたが、
これを人権にまで広げて世界レベルで世直しをやっているようなものです。

あくまでも金が動く投資なので、超一流のグローバル企業しか相手にされませんが、
ここで認証を取ると有利に世界で戦えることになります(アメリカの巨大企業はほぼアウト)。


posted by ふうちゃん本舗 at 20:58| 店主敬白

2017年11月18日

博多も晩秋、大相撲のぼりの紅葉


IMG_6330.jpg


博多で大相撲の九州場所が始まりました。
大相撲のぼりで街も紅葉のよう。

しかし今年は例の横綱暴行事件で土俵外の方がにぎやかです。
これにはマスコミの過熱取材にも原因があると思います。

テレビをつければ毎日、毎日同じ話題で、評論家は言いたい放題、
マスコミが流れを作っています。
結局は告発をして騒ぎを起こした貴乃花親方が悪い、
ということで幕引きになるのでは。

ところでガラリと話は変わって、
九州場所の土俵の土は今まで現地調達していましたが、
今年から国技館と同じ千葉の土を使うことになりました。

理由は、土俵にひびが入ることと、滑りやすいということ、
以前から指摘されていたことだそうです。

このために約60トンの土を千葉から博多に運んできました。
終わったらこの土はどうするのでしょう。
そのまま1年間保管すると土の性質が変わるでしょうし、
どこか定温定湿の倉庫にでも保管するのでしょうか。
国技館の場合は土俵のまま地下で保管できますが、
九州ではそれができませんので。

それと変わったのがもう一つ。
今まで大相撲「11月場所」と言っていましたが、今年から「九州場所」となったようです。

IMG_6329.jpg


IMG_6343.jpg
posted by ふうちゃん本舗 at 18:12| 店主敬白

2017年11月12日

東京の公立小学校ランキング、親の年収から


IMG_4438-1.jpg


「公立小移民」という言葉があります。
子供により良い教育環境を与えようと、人気小学校の学区に引っ越す世帯のことです。

そのためには親にはそれなりの資力が必要。
そこでその資力について面白いデータがありました。
それは東京都の学区別に、世帯の年収から出した公立小学校のランキングです。

学区別に親の年収を集計して、1位になった小学校名が出ています。
個人情報なのでどのような方法で集計されたのか疑問は残りますが、
このデータは不動産取引に利用されているそうです。
このような場所は人気が高く、需要が供給を上回るので資産価値が大きいそうです。

さて、ランキングに戻ると東京23区全体の1位が港区の南山小学校、
親の平均年収が何と1400万円。
ここは六本木ヒルズとか元麻布ヒルズをかかえている地域なので納得はできます。

面白いと思ったのが、中央区1位の佃島小学校、平均年収1000万円。
昔からの下町的な場所なのですが、新しく建った高層タワーマンション群が関係していると思います。

1位になる平均年収は23区全てが800万円以上、
東京はお金持ちが多いですね。

ところで、ランキングの学校の先生は大変だろうと思います。
高収入、高学歴で教育熱心な親ばかりでしょうから。
港区立南山小学校のホームページ:http://nanzan-es.minato-tky.ed.jp/



posted by ふうちゃん本舗 at 10:11| 店主敬白