2018年04月13日

博多どんたく 参加ちびっ子 大募集!!


IMG_2778.jpg

西鉄から ちびっこ 募集のお知らせです。
------------------------
今年も花自動車がどんたく広場をパレードします。
(明治通り:呉服町→天神間 約1.3Km、約20分間)

今回も花自動車の助手席に乗っていただくちびっ子12名を募集します。

参加ご希望の方(小学校3〜6年生に限らせていただきます)は、
郵便はがきに「住所・氏名・年齢・学校名・学年・電話番号
参加希望日時(A:5月3日13時頃〜 B:4日15時頃〜 
C:4日18時頃〜)を記入の上、ご応募ください。

ご応募はお1人様1枚とさせていただきます。
応募締め切りは4月20日必着です。
「西鉄くらしネット」からも応募できます。

応募先:〒810−8570福岡市中央区天神1−11−17 
西日本鉄道(株)広報課「花自動車パレード」係宛

問い合わせ:西鉄お客様センター
TEL:0570−00−1010、092−303−3333
-------------------------


posted by ふうちゃん本舗 at 07:43| 店主敬白

2018年04月07日

JOIN THE HAKATA DONTAKU PARADE!!

IMG_8166.jpg

Why don’t you join this event?
We welcome tourists from foreign countries,
individual tourists or tour groups!

Friday, May 4th 2018 14:00〜

How to Apply:
Email or fax the following details to Hakata Machiya Folk Museum.
-Name of participants
-Address and contact details of one participant to receive correspondence on behalf of the group
-Email address or fax number
-Fee plan 2500 yen or 3500yen
No.Participants 100
Applications will not be accepted after this number is reached

Hakata Machiya Folk Museum
Tel:092-281-7761
fax:092-281-7762
E-mail:furusatokan@hakatamachiya.com


posted by ふうちゃん本舗 at 14:51| 店主敬白

2018年04月01日

安心の航空会社はどこ?ランキング


IMG_7552.jpg
(完全満開、福岡城址の桜)

世界の航空会社の安全性を評価している
「エアライン・レイティングス・ドットコム」が、
先日、安全ランキングを発表していました。

日本ではANAとJALが安全20社にランキングイン。
その中で、毎年トップになっているカンタス航空で思い出しました。

古い話になりますが、福岡市でユニバシアード福岡大会が開催され、
ボランティアに参加しました。
配属が福岡空港になり、仕事は乗客名簿と選手名簿との照合でした。

仕事を始める前に、滑走路を見ながら夕食を食べていた時に
気が付いたのですが、(当時、週3便だったと思う)
毎回同じ時刻に、赤い尾翼に白いカンガルーのカンタス航空が到着するのです。

あの遠いオーストラリアからピタリと定刻に到着するのはすごいと思いました。
(今は定刻が当たり前ですが、当時の外国便は遅れるのが当たり前。
名簿照合に支障が出ていました。)

定刻に到着するには、毎日の整備がきちんとしていて、
乗客の誘導もスムーズで、荷物の積み込みも時間通りに行われて、
余裕を持って出発しているのでしょう。

要は基本的なことがしっかりしているのだと思います。
だからランキングトップを続けられるのでは。

残念ながらカンタス航空は福岡空港から撤退しました。
これから先も採算が取れないので、もう2度と来ないと思います。
(英国航空もデルタ航空もいなくなりました。
そうゆう意味では福岡市も九州もまだまだ力が足りない。)

ランキングからこんなことを思い出しましたが、
安全は日頃の基本のつみ重ねだと思います。
カンタスも、ANAも、JALも、それを毎日きちんとやっているということです。

安全な航空会社TOP20:
ANA、JAL、アラスカ、アメリカン、エバー、エミレーツ、
エティハド、オランダ、カンタス、キャセイパシフィック、
シンガポール、スイス、スカンジナビア、ニュージーランド、
ハワイアン、フィンランド、ユナイテッド、ルフトハンザ、
ヴァージンアトランティック、ヴァージンオーストラリア



posted by ふうちゃん本舗 at 08:27| 店主敬白

2018年03月26日

警察24時番組のこそばゆさ


IMG_7092.jpg

警察は24時間犯罪に立ち向かっています、という
警察スポンサーの(冗談ですとも言えない)テレビ番組。

登場するのはベテランの模範警察官たち、対応も紳士的です。
確かに安全を守ってもらっているので頭が下がります。

しかし世の中、こんな平和な事ばかりではなく殺人事件も続いています。
そんな殺人事件を取り上げようとしても、取材協力には応じないだろうし、
視聴率は稼げないでしょう。

それで無難な「街のお巡りさん、
平和を守っています、ほのぼの」 的になってしまいます。

編集されたドキュメントですから、
見る方もドキドキして、そしてほっと安心のストーリー。
何度も放送するところをみると、かなり視聴率が取れているのではと思います。

ところでこのイメージを壊して悪いですが、
テレビドラマで刑事が「オリャー、なめとんのか、きさまー」と
チンピラを恫喝しているシーンがあります。

あながち作り話でもなく、影で警察官からどつかれた、
殴られたという者はチンピラでなくても結構多いと思います。
警察官には絶対逆らえない。

周囲の目があると「オリャー」ではなく

「はい、警察で〜す。ちょっと調べさせて下さいね〜。
持ち物を見せて頂いてよろしいでしょうか〜。
身体触りますよ〜。これは何なのかな〜?」


警察には市民の安全を守るため日々精進してもらわなければなりませんので、
警察への苦言・提言は
最寄りの警察署・派出所ではなく、「県警へ直接」
言って下さい(もみ消しができない)。 受付窓口があります。



posted by ふうちゃん本舗 at 09:39| 店主敬白

2018年03月20日

サプリメントの通販CM、ちゃんと見たら面白い


IMG_2096-1.jpg

あるサプリメントCMでの話。
登場するのは70歳という夫婦。

「定年退職したら食が細くなって、うどん1玉は食べきれない。
それで夫婦で半玉ずつ分け合っている。
これで腹いっぱいになるので野菜などはとても食べられない。
そこでこの**を飲むことによって元気で健康が保たれている。」
というもの。

中にはそんな人もいるでしょうが、
今の70歳はカツ丼、ステーキ、天ぷら、焼肉、何でも食べていますよ。

このサプリCM、食事からではなくても必要な栄養は摂れますよ
ということを、年寄りのイメージを使って言いたいということは分かりますが、
それにしてはちょっと無理があるような。

これにはこんな背景もあるのではと思いました。

放送に流すCMは自社では作れませんし、
CM枠も取ってもらわないといけないので専門の広告代理店に頼みます。
お金と相談しながらプロに総てお任せに。

広告業界は体力商売なので割と若い人が多く、
この人たちが考える“食べない”というイメージを持つ年齢が70歳なのかと思います。
(60歳では自分の親を考えると何でも食べていて食欲がある、
80歳にすると老人色が濃くなる)

そして食べられなくなったことをどう表現するか、
肉とか油ものでは当たり前過ぎる、
そうだ!うどんさえ食べきれないことにしよう、
プラス、定年退職がいいね。

これでストーリーが決まりました。
後は仕上げて役者さんに演じてもらうだけ。
現実とのズレを感じたのはこんなことではと思います。

しかし、この「サプリで健康」というのは、
若い人を使うなら寝る暇もなく忙しいという設定か、
逆に病み上がりみたいな人、高齢者を使うかの両端しかないのでは。

ところで通販の商品は、初回に限り無料とか半額で勧誘していますが、
大体2〜3回目のリピートから黒字が出るような価格設定になっているそうです。

ずっと愛用している人は会社利益に貢献していますよ。
(先日、この“半額”については公取委からクレームが付いていました)


posted by ふうちゃん本舗 at 10:03| 店主敬白

2018年03月14日

博多・筥崎宮の大鳥居がなくなります


IMG_3418.jpg
(博多山笠のこの光景、もう見ることができない)

今から88年前に建てられた筥崎宮の大鳥居が、
老朽化が進んでいるということで解体されることになりました。

国道3号線に接する参道入り口に立っていて筥崎宮の象徴でした。
見慣れていただけに寂しい感じがします。

造り直すと5億円かかるということで再建予定はないそうです。

この鳥居は当時、(福岡県筑豊地方の)田川市長だった人が寄贈したもので、
筥崎宮正面の一の鳥居の形を模したものだそうです。

昔は鳥居の寄贈が富裕層のステータスとなっていたそうで、
この人は他にも有名神社に多数寄贈しています(全部で11神社だそう)。
相当のお金持ちだったのでしょう。

ところで現実問題として、
解体費用も高額なものになると思いますが、
これは筥崎宮が負担しなければならないんでしょうね。

解体しないまま、けが人が出たら筥崎宮が管理責任を取らされるのかな?

そんなこと考えたら、家電のリサイクル料金先払いみたいに、
鳥居寄贈時に解体費用まで基金として寄付してもらい、
傷害保険付きでないと受け付けないないとかになったりして。

冗談です。こういうこと言うと罰があたりますね。


posted by ふうちゃん本舗 at 08:16| 店主敬白

2018年03月08日

小学生問題が出来なかった、思考過程に原因が


IMG_1757.jpg


小学生向け教育テレビで、このようなものがありました。

角砂糖でも良いし、もっと大きい各辺が同じ長さの立方体と厚紙を用意します。
そして厚紙にその立方体より少し大きい角穴を、カッターで切り抜きます。

立方体がこの穴にスカスカ通ることを確認します。

次に厚紙を机から少し浮かせるように置いて
立方体がストンと穴から落ちるようなすき間を作ります。

準備できたら立方体を穴から5cm位のところに真っ直ぐに置き、
定規の先で穴の方にゆっくり押して行きます。

さてこの後どうなるでしょうかが問題でした。

穴から落ちる、落ちない、のどちらかしかありませんが、
正解は「落ちない」です。
理由は分かりますか?  分かった人はすごい。
私は単純に「落ちる」と思いました。

実際やってみると、立方体が穴の半分まで来るとバランスを壊して倒れ、
斜めになって通ることが出来ませんでした。
こうなると、はまりこんでしまって押しても動きません。

小学生の殆どが「落ちる」と答えるそうです。
間違った答をしてしまう原因は、
最初と最後のことしか考えず、途中がどうなるかを考えないからだそうです。

では今度はこのことも考えに入れて、
穴からストンと落すにはどうしたら良いでしょうか。
消しゴムをどこかに置いて下さい。
実際、気持ちよくストンと落ちました。

消しゴムはどこに置いたら良いでしょうか。
答えは、押す側と反対の穴の端に置く、です。
こうすると倒れても大きく傾きませんので穴からきれいに落ちます。

「最初と最後だけでなく、必ず途中のこともしっかり考えましょうね」
で終わりましたが、まったくその通りでした。
勉強になりました。


posted by ふうちゃん本舗 at 09:06| 店主敬白

2018年03月02日

食べたかったなあ、七面鳥の丸焼き

IMG_6050-1.jpg
(水上ひな祭り)

運転中にラジオを聴いていたら
「福岡県内で(鳥の)エミューを食べているところがあるらしいということで、
レポーターが調査に向かっています」という話が流れていました。

どのような食べ方をしているのでしょうか。
エミューの肉は赤身で脂肪の質が良いとのこと。
オーストラリアのアポジリニ人は飼育して食べるという習慣があるそうです。

その後どうだったのか最後まで聴けませんでしたので分かりませんが、
美味しいですよと言われても食べる気になれるかどうか。

このことで思い出しましたが、
これから先、死ぬまで食べる機会はないだろうと思っているのが七面鳥の丸焼き。

あるグループでクリスマスパーティーを計画し、
その時に、でっかいオーブンがあるので
七面鳥の丸焼きをしようということになっていました。
ところが肝心の調理を熟知している留学生が急に帰国してしまい、
計画はお流れになってしまいました。

自分たちで作ってグリルした丸焼き七面鳥は、
特別の味がして、さぞかし美味しかったことだろうと思います、残念。

七面鳥はクリスマスではなくその前の感謝祭に食べますが、
この日本では馴染みのない習慣をクリスマスにつなげて、
クリスマスイブ=フライドチキンとしたのはケンタッキーの企業努力だそうです。

ところで話は変わりますが、クリスマスの時、
ミサに一度、どんなものなのか体験したいのですが
私にはどうも敷居が高い。
それでいつまでも実現しないまま。

福岡市内の大学(西南学院)のチャペルなら
行けそうな気がしますので今年こそ目標としましょうか。

エミューからクリスマスミサの話になってしまいました。



posted by ふうちゃん本舗 at 08:09| 店主敬白

2018年02月24日

G20福岡市落選、本当に残念、でも良かった


IMG_1821.jpg

来年2019年6月末、日本で初開催となる
20ヶ国・地域首脳会議(G20)の開催地が大阪に決まりました。

安倍総理の進める地方創生ということで、
福岡市が最有力という下馬評が多かっただけに残念でした。

落選理由はホテルを確保できないということですが、
スイートを含めて3万室が必要とのこと、絶対数が足りませんでした。
ベッドだけのビジネスホテルなら十分にあるのですが。

考えてみると、首脳クラスが泊まれるホテルとなると、
会場として予定されていたヒルトン福岡シーホーク、
皇室が利用しているニューオータニ博多、
それからオークラ福岡、日航福岡くらいでしょうか。
確かに十分とは言えないようです。

それから福岡空港も専用機の発着、駐機場が十分に取れるのか疑問です。
おまけに周りを道路で囲まれているので警備上の問題もあります。

そんなことよりも “九州の地方空港” にエアフォースワンが来るんですよ。
全くあり得ない話で想像もできません。

これだけでなく中国からもこれに負けない同じような大きなのも来ますよ。
フランス、ドイツからも。イギリス、ロシア、カナダからも。

もし実現しても予備の滑走路がないので滑走路閉鎖を恐れ、
民間機を早々と欠航させて対応することになるでしょう。

それから、首脳送迎車も都合つけないといけないし、
タクシーの数も足りていないと思います。バスの数なら日本一なのですが。

こう考えると、今までのキャパシティに合わせて都市機能が成り立っていますので、
これが福岡市の本当の姿、無理しても後から歪が出ます。

落選は残念でしたが良かったと思います。
全国からは身の程知らずと言われていると思いますが。

でもこの時に行われるG20財務相・中央銀行総裁会議は福岡市に決まりました。
ありがとうございます。これなら十分にやれます。

後から付けたし情報:
エアフォースワンのジャンボは地方空港には直接降りないそうです。大統領が福岡市に行きたい場合は、厚木か岩国基地に一度降りて、それから空軍ヘリで移動だそうです(これもエアフォースワン)。




posted by ふうちゃん本舗 at 08:32| 店主敬白

2018年02月18日

「全温度チアー」知っていますか?


P1040402-2.jpg

テレビCMを見ていて思い出しました。
「全温度チアー」を知っていますか。

知っている人はかなりの年配。
東京オリンピックも、大阪万博も知っている人です。

アメリカの洗剤メーカーP&Gが初めて日本に進出した時に
アメリカから持ってきた洗濯洗剤の名前です。

「全温度」とはお湯でも水でも使えますよ、ですが、
日本では水道の水で洗うのが当たり前の当時(今もですが)、
先進アメリカでは贅沢にお湯を使って洗っているのかと逆に思ったりしました。

今はこのような言葉を使うメーカーはありませんが、
当時としては「日本の洗剤は全温度対応ではない」と
インパクトを与えるような言葉でした。

また、「チアー」という言葉も、
今まで日本では聞いたこともない新鮮な響きがありました。
いかにもアメリカみたいな。

そんなこともあり、売れるに売れたそうです。
その後、粉から液体洗剤に替わり日本のメーカーの奮闘もあって、
チアーブームは終わりました。

しかし、ご存じのファブリーズ、レノア、アリエール、さらさ、ボールド、
JOY、ウィスパー、パンパースなどは全部P&Gの商品。
今も頑張っています、と言ったら失礼になります、
今やP&Gは世界一の企業になりましたので。

日本進出当初はサンホームという会社と一緒にやったのでP&Gサンホームでしたが、
今はP&Gジャパンとなっています。
「暮らし感じる、変えていく」というCMをよく耳にすると思います。


posted by ふうちゃん本舗 at 08:42| 店主敬白

2018年02月12日

公立小学校制服がアルマーニに、住む世界が違うではいけないの


IMG_6971.jpg

先日、東京の公立小学校の制服がアルマーニのブランド物になった、
全部揃えると8万円以上かかるという話題で賑やかでした。

話題の小学校は中央区立泰明小学校。
その時思ったこと、はて?どこかで聞いた名前・・。
そうでした、銀座のど真ん中にある小学校でした。

と言うのも、この小学校のすぐ近くに資生堂もあって、
そこの通りが花椿通り。
JR有楽町駅から、数寄屋橋公園、泰明小学校、みゆき通り、
交詢社通りを経て電通、そして花椿通りへが、歴史的なことを知りながらの
ディープ東京の散策コースの一つになっていますので覚えていました。

最初、ネットで見た時は週刊誌的な内容なので、このまま終わりかと思いましたら、
夜のNHKニュースで大々的に取り上げられ、その後こぞって民放番組でも。
出るのは批判ばかりでした。
菅官房長官からもお咎めがありました。

(九州の者がいろいろ言うことではありませんが承知の上で)

確かに福岡市の公立小学校がこんなことをしたら徹底的に叩かれるでしょう。
しかしこれが銀座なら「住む世界が違う」ことと済ませてもいいのでは。

この泰明小学校は関東大震災の時に崩壊し、
再建の住民カンパを募ったところ予定以上のお金が集まり、
いろいろ贅沢なことができたそうです。それが今の建物。
(都から歴史建造物に指定されています)
他の地域とは差が出たそうです。
つまりここは昔も今も余裕を持っている街。

私立小学校での話だったら全く話題にもならない話ですが
「公立」ということで引っかかったんでしょうね。

マスコミは “公立はこうあるべきだから” と押し付けをしている印象。
また“保護者からも批判が出ている”というのはちょっと意味が違っていて、
本音は次のようなことなのでは?

この泰明小学校、住民の子供が少ないので他の学区からの入学を認めています。
つまり公立小移民” しなくても行けるので、
抽選をしなければならないほど入学希望者が多い人気校となっています。

他の学区から通わせている親は制服などどうでも良い話。
中学受験には関係ないこと。
こんなことにお金をかけるならもっと塾の方にかけたいと思うのでは。

地元環境を大事にしたいという学校と、受験が目的では当然違いが出ると思います。

(正論の「公立はお金がなくても分け隔てなく」は、
東京中心部では通用しないのでは? 余裕がないと住めない。)

私のようなボンビー人が言うことではありませんが、
今まで築いてきた「高級銀座」というブランド、
それを守るということも(住民意識も含めて)大切なことなのではないかと思います。

銀座がどこにでもある街になってほしくありません。

posted by ふうちゃん本舗 at 12:15| 店主敬白

2018年02月06日

街の移り変わりの早さ、記憶喪失状態になる


P1040374.jpg
(バレインタインおみくじ)

先日、ちょっとした用を済ませた時、
若い時に暫く住んでいた4畳半一間の安アパートの近くまで来ていたので、
懐かしさもあって寄ってみました。

ところが大通りの角を曲がったら唖然、目の前には何もない更地が続いていました。
住んでいた時にはいろんな店があって買い物客で夕方は賑わっていました。

アパートはこの通りから1つ奥まったところにあって、
大家さんは掃除が趣味なのか、しょっちゅう掃除に来ていました。
このアパートもありませんでした。

この何もが無くなったところにぽつんと仮店舗の八百屋があったので、
これはいったい何ごと?と訊いてみました。

「ここは昔の□□通りですよね?」
「今も□□通りですよ」とおばさんが笑いながら答えてくれました。

話しによると、やっと再開発の話がまとまり、
一旦撤退して建物を全部壊したあと小規模ビルなどを建てて、
また戻って来るそうです。

前の賑わいが戻るといいですねと言って出ましたが、
好きだったこの通りが、全く私の記憶に無い景色になってしまうのかと思うと複雑です。
しかし、変わるということは、街が生きているという証拠ですから良しとしましょう。

帰り道、ここでのアパート暮らしの時を思い出しました。
部屋はエアコンなどないので外の気温のままでした。
マージャン禁止令もありました。
しかし、いかに音を出さないでやれるかが技術でした。

朝、大家さんが入り口にいるので泊まりで来ていた彼女が帰れなくなっていて、
脱出の手助けを依頼されたことも。

そう言えばシンナーを吸っていた者もいましたね。
本人からは何故か信頼?を持たれていて結構話し相手になっていました。

街の景色では記憶喪失になりますが、こんなことは忘れていないようです。



posted by ふうちゃん本舗 at 08:57| 店主敬白

2018年01月31日

飛行機の通路上での、子供のうんこ


IMG_1256◎春節を迎えるA4.jpg
(春節を迎える)

北京市内からちょっと離れた場所の、昔からの古い住居だったところが、
道路側だけ改装され洒落たブティックなどになって若い人を集めています。
そこでの光景。

奥にある住居から幼児が前の道路に出て来て、
いきなり店の入り口前で紙を広げてうんこを始めたのです。

これにはびっくりしましたが、
それよりも店の中から店員が見ていましたが何の注意もしなかったことは意外でした。

これが毎日の生活習慣となっているのかと思いました。
昔からの住居で子供がぽっとんトイレに行くには危ないので、
地面に紙を敷いてさせるようにしているのだと思います。
思い出せば日本でも同じようなことをしていました。

中庭では鳥とか動物も飼っていますので
「前の道路でしろ」と言われているのかもしれません。

同じようなことで、飛行機の通路で子供にうんこさせた話がありました。
民度が低いと軽蔑する前に、飛行機はまだ乗り慣れた人ばかりではないので、
トイレを子供と一緒に使いきれるのかどうか。

子供も座るトイレには馴染みがないかもしれませんし、
中国のCAは絶対こんなことには協力するわけがない。
母親としては子供の緊急うんこが最優先ですから、
躊躇せずにそのようにしたのではないかと思います。

(中国のCAもキツイですが、母親はそれ以上に強いので
非難するCAと言い合いになったと想像します)

5000年の悠久の歴史を誇る中国も、
周りの環境が急激に変わっていますので、
あと10年もすれば意識も変わって行くのではないかと思います。

中国では2月の春節が人民大移動となりますが、
この時のことを思い出しました。
今年の春節は2月16日。

posted by ふうちゃん本舗 at 21:12| 店主敬白

2018年01月26日

イルミネーションもなくなり、寂しくなりました


IMG_4367.jpg


街を飾ったイルミネーションもなくなり、
平常に戻り寂しくなりました。

イルミネーションの起源は16世紀のころ、
ドイツの(宗教改革)マルティン・ルターが、森の中で見て感動した輝く星を、
木の枝に多くのロウソクの火を飾って
景色を再現しようとしたことが始まりだそうです。

ところで、昔はLEDでなく小さな電球を使っていたので、
熱で木が枯れると、イルミネーション論議があったのを覚えています。

場所は東京の青山、表参道。
その頃は街路イルミネーションなど、東京でしか出来なかったことでした。

思い出になりますが、
仕事が遅れて大みそかに福岡に帰ることになりました。
そこで30日の夜、
表参道のイルミネーションを一目見てみたいと思い出かけました。
ところががっかり、イルミネーションは終わっていて、
代わりに初詣にそなえ、日の丸の小旗と提灯がずらりと飾ってありました。

明治神宮の参道ですから当たり前。
しかし、本当に力が抜けてしまいました。

ところでロウソクの火で思い出しましたが、
台湾の有名なお寺、龍山寺(ロンシャンスー)は、
円錐形の赤い台にずらっと小さいロウソクが立てられていて、
それぞれが放つ光の揺らめきは、それはそれはきれいなものでした。

今は全部が橙色のLEDに替わってしまい情緒も何も無くなってしまいました。
しかし、ロウソクが毎晩2〜300本も燃えてしまうことを考えると、
情緒より省資源でしょうね。


posted by ふうちゃん本舗 at 20:51| 店主敬白

2018年01月19日

博多の大博(たいはく)通り、博多湾からの風を感じる


P1040404-1.jpg

大博通りで唯一残る立退きの跡(IDEX新出光本社ビル)。
1階部分の引いている所から道路まで、立ち退きに応じない1軒の民家がありました。
それで民家を残したまま、一部屋根に覆い被さる形でビル建設が進められました。
この窪みはその時の名残です。(グーグルのストリートビユーで状況が分かります)
ところでIDEXは、博多山笠の時は会社あげて多大な支援をされています。


博多駅から真っ直ぐ、
博多湾に通じる大通りを大博(たいはく)通りと言います。
福岡国際マラソン、博多山笠のコースにもなっています。

以前はここに路面電車が走っていて、
通りに面して住宅があって、畑などもありました。
そんな昔からの街並みが都市計画によって立ち退きさせられ、
今の大きな道路が出来ました。
立ち退きはスムーズには行かず、10年以上かかりました。

博多湾と直結していますので朝は海風、
夜は陸風を感じなければならないのですが、
実際は通りの両脇に高いビルが並んでいるので
風の誘導路みたいになってしまい、博多湾の風がまともに来ます。

(それを利用して)この通りにはおすすめの季節があります。
11月〜12月、街路樹の葉が落ちる頃、
人もいなくなった夜遅くに歩いてみて下さい。

風がぶわっと吹いて、枯葉が足元に当たります。
ああ何とも寂しい感じ、どんな鈍い人でも胸がキューンとなる筈です。

夏の恋も終わりとなって、落ち込んでいる時には最高のシチュエーションです。
街路灯だけの明かりも寂しさを増してくれます。
自分の世界に浸ることができます。ここで寂しさを楽しんでみて下さい。
歩いている内にふっ切れますよ。


posted by ふうちゃん本舗 at 22:34| 店主敬白