2019年01月14日

1月22日はカレーの日


IMG_8711.jpg

(入江千春氏 あかり絵の世界より)


1978年(昭和53年)1月22日に、
全国一斉に小中学校の給食をカレーにしたことから
この日がカレー記念日となりました。

ところでハウスがカレーで中国に進出してから20年になるそうです。
中国ではカレーは馴染みがなかったので、
最初は中国に進出している日本企業の社員食堂でメニューに入れてもらいました。
そしてそこの中国人社員から広まっていったそうです。

カレールーは上海の工場で作っていましたが供給が間に合わなくなり、
大連市に3倍規模の工場を作りました。

しかしそれでも需要が多くなったので、
昨年9月には浙江省平湖市(上海市の隣)の工場を稼働させています。

中国カレーは日本より黄色くして
八角の香辛料が入っているそうです。

甘口のバーモントカレーが好まれるとのこと。
中国名では「百夢多」(発音:バイモンドゥオ)。
良いネーミングだと思いませんか。

カレーの雑談:
http://fu-honpo.com/article/178412574.html
http://fu-honpo.com/article/183956113.html

posted by ふうちゃん本舗 at 22:38| 店主敬白

2019年01月06日

1灯式信号機は福岡市が最初だった


IMG_8694.jpg

赤色と黄色が交互に点滅する1灯式信号機は、
1984年(昭和59年)に全国で初めて福岡市に設置されました。

黄色点滅が徐行、赤色点滅が一旦停止はご存知の通り。

現在、全国での設置数は約5300基。
しかし千葉県には1基も設置されていません。
山形県と岡山県は1基のみ。
九州・沖縄に全体の40%が設置されているそうです。

設置数順では福岡県が約1500基、
愛知県が約800基、宮崎県が約270基、
鹿児島県が約220基、
北海道が約200基の順になっています。

このように地域によって設置方針が違うので、
ドライバーに混乱が起こっているそうです。

それで警察としては、
1灯式が交換時期になっても更新せず撤去、
そして止まれの電光標識に順次代えていくそうです。

九州では見慣れた信号機でしたが、これからは見かけなくなりそうです。


posted by ふうちゃん本舗 at 22:39| 店主敬白

2018年12月28日

除夜の鐘と108の煩悩


IMG_3350.jpg

「除夜」とは。
(受け売り知識ですが)

「除」という言葉には
古いものを捨てて新しいものを迎えるという意味があり、
「除の日の夜=除夜」になったという説。

その昔「歳神様(としがみさま)」という
穀物の神様を迎えるのに
一晩中起きていなければならないという風習があって、
これが「夜がない日=除夜」になったという説もあるそうです。

それから除夜の鐘で払う「108の煩悩」とは。

これは仏教の「六根」から来ているそうです。
六根とは視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚、意識と、
人の持つ感覚を指す言葉。

煩悩とはこの六根が受け取る
「気持ちが良い」「気持ちが悪い」「どちらでもない」を
「浄(清い)」と「染(汚い)」に分け、
さらに「前世」「今世」「来世」で分けた数
(だから6×3×2×3=108)だそうです。
<寺と神社研究家:吉田さらさ氏>

ところで「年越しそば」は博多が発祥の地。
知っていましたか?
知らない人は
http://fu-honpo.com/article/181951648.html
年越しそばを食べて新しい年を迎えましょう。
皆さま、良いお年を。


posted by ふうちゃん本舗 at 13:02| 店主敬白

2018年12月23日

合格祈願 “落ちない”神社が福岡市にもあります


IMG_8706.jpg


福岡市にも “落ちない” 神社があります。
九州大学(新キャンパス)のすぐ近くにある「太郎丸神社」。

ここは福岡市西区太郎丸にある神社ですが、
2年前(平成28年)に神殿が放火され全焼してしまいました。
その時に鈴だけが落ちないで赤く焼けたまま残っていたそうです。

それで再建にあたり、「落ちなかった」鈴の記念碑を作りました。
これが受験生の縁起担ぎに注目されることになりました。

もともと地元住民の神社ですので、場所が非常に分かり難い。
(九州大学手前にあるナフコとローソン交差点を左折、
次の小交差点を左折、行き止まり手前を右折、
広い田んぼの中を突っ切り、人家のある手前。)

受験グッズなど売ってませんし、
絵馬もありませんし、無人の神社ですが、
受験生の皆さん、この「落ちなかった鈴」のご利益を頂いて下さい。

因みに現在の神社は新しく再建されましたが、
4800万円かかったそうですのでご参考までに。

参拝後に新しい九州大学の構内でも見学されては
(車で3分、車での入構は300円)。

IMG_8701.jpg
落ちない鈴のモニュメント
鉛筆と定規の台の上に鈴が乗っている

合格大仏
http://fu-honpo.com/article/178269975.html




posted by ふうちゃん本舗 at 10:12| 店主敬白

2018年12月18日

競馬の素人うんちく


IMG_8299-1.jpg

競馬中継を見ていた時に、
走っている馬を見て気付いたことがありました。

それは走る方向に右回りと左回りがあるということ。
こんなことは当たり前のことでしょうが、
私としては「何で?」でした。

競馬場は日本中央競馬会(JRA)のものと
地方競馬のものとに分かれていまして、
JRAが管轄している競馬場が全国で10か所、
地方競馬場が15か所の計25か所になっています。

JRAを監督しているのは農林水産省生産局畜産部競馬監督課、
地方競馬は地方自治体にお任せとなっています。

JRAの競馬場は1周1600m以上、
幅員は20m以上と決まっていまして、
それに対し地方競馬場は1周が1000m以上、
幅員が16m以上と小ぶりになっています。

この25か所の内、左周りが7か所、
殆どが右回りですがコースの高低形状などから
都合の良い方に決められるそうです
(外国の競馬場でもバラバラになっているそうです)。

ところで羽田空港から都心に向かう途中に競馬場がありますが、
ここが東京競馬場ではなく、
東京競馬場は府中市にもっとでっかいものがあります。

テレビを見ていると馬は平坦路を走っているように見えますが、
実際はコースには1〜2m程度の高低差が幾つか設けられています。

川柳に
<買わない馬の顔はみな同じ>
<競走馬 ヘンな名前で走らされ>

12月23日は中山競馬場で、
年間8大レース最後の有馬記念。
人気投票で選ばれたオールスターレースだそうですね。
今年の最後に、ど〜んと大きなお金を掛けましょう。

雑談:
http://fu-honpo.com/article/184654584.html

posted by ふうちゃん本舗 at 08:01| 店主敬白

2018年12月09日

美容師さんの使うハサミが何と30万円だって!!


IMG_7049-1.jpg


プロは何においても道具にこだわりますが、
美容師さんが使うハサミが超高価なことに驚きました。

私は知りませんでしたが業界では非常に有名だそうで、
ナルトシザーという会社のハサミ。

スタンダードが15万8000円、
グレインというのが29万8000円(何れも単品で)。

アマゾンで理容ハサミを買おうとすると
セットで1万7600円なのでいかに高いかが分かります。

大阪の宝塚にある、従業員50名弱の小さな会社で作っています。

安いハサミとの違いは大きく2つあって、
1つは刃が若干湾曲していて、
刃に隙間があること(湾曲隙間は0.03mm)。
手元のハサミを見て頂くと分かりますが、
普通のハサミだと切り進む時に刃が全面に接触して行きます。

これがナルトシザーだと刃が湾曲しているので
接触点が切り進むに従い移動して行きます。
それで刃先の接触が少ないのでいつまでも切れ味が変わらないそうです。

違いの2つ目は、
ハサミの支点部分にベアリングが使われていること。
普通のハサミだと板バネが入っていたり、ネジで締めていたりします。

ベアリングを使うことにより刃の動きが繊細になり、
どんな状況になっても美容師さんの手の動きに忠実に従うそうです。

このハサミ、
職人さんが30の工程を経て完成させています。
安いハサミだと毛先がバラバラに切れるので、新人もベテランも差は出ません。
しかし、ナルトシザーだとスパッと真っ直ぐに切れてしまうので、
カットの基本が出来てないと使いこなしきれないとのこと。
つまりベテランが使って初めて生きてくるハサミです。

例えが悪いですが100円寿司でも銀座の高級寿司でも、
寿司に変わりは無いかもしれませんが、
高いものは高いなりのこだわりがあり、
それが支持を受けていることでもあります。

何事も安い方へと流れて行く中、
このような「高価な文化」というものも大切にしてもらいたいと思います。

雑談:
http://fu-honpo.com/article/182395831.html


posted by ふうちゃん本舗 at 12:20| 店主敬白

2018年12月01日

ガード下が It’s Cool! 


IMG_5617-H.jpg


“ガード下を利用する”、
これは日本独自の文化だと言って良いそうです。

駐車場利用とか飲食店は当たり前になっていますが、
変わったところでは保育園もあるそうです。

保育園が足りないと問題になりながら、
実際に作る段階になると「園児の声がうるさい」と
地域住民の反対に遭って実現できません。

外国では子供の声をうるさいと思わないこともあり、
反対運動など起こらないそうです。

このガード下の保育園、
プレハブの部屋を入れて置いているので、
上を通る電車の騒音は全くありません。
中では園児がお昼寝をしていました。

外には人工芝が敷いてあって雨の日でも遊べます。
当然、声がうるさいとの苦情は1件もないそうです。

これからガード下の保育園が都会では増えるかも。

山手線の御徒町ガード下では
試作などができる小規模工場もあるそうです。

大阪では住居となっているのも(完全な耐震構造住居です)。

今まで当たり前と思っていたものですが、
別の目線になって見てみると、ガード下に面白いものを見つけ出すかもしれません。


posted by ふうちゃん本舗 at 21:26| 店主敬白

2018年11月25日

福岡市長選挙と 中国の人民公社


IMG_5648-1.jpg


先日行われた福岡市長選挙は
現職の高島市長が共産党推薦の神谷氏に
3倍以上の大差を付けて再選されました(立候補は2人のみ)。

対抗する神谷氏は当然ながら高島市政を全面的に批判。
「市内ロープウェイなどいらない」を前面に出し、
「そのお金を福祉に回せ」でした。

そもそもこの話は、
(韓国プサンと博多港とで毎日多くの人が行き来していますが)
交通の便が悪い博多駅と博多港との間を
(建設コストが一番安い)ロープウェイで結んだらどうかという話です。

都市のロープウェイはロンドンに次ぐものだそうですし、
これが観光の目玉にもなるのではというものです。

しかし話だけが先歩きしてしまって何ら具体的な話にはなっていません。
でもこう言われるとムダな税金が使われているのかと勘違いしてしまいます。

実現どうのこうのは高島市長ではなく、市議会が決めることです。

また、「高島市長が反対を押し切って
子供病院を人工島に移した」と言っていますが、実際はこう聞いています。

「老朽化し耐震性がないので建て替えする、
今の敷地では狭いため増える患者を捌ききれないし、
最新医療設備も導入できない、緊急のヘリポートもない」
それで広い場所が確保できた人工島に移転しただけの話では。

移転に反対していたのは通院に便利な西側地区の一部の人たちと思います。
今は何処からでもアクセスし易くなり、平等に行けるようになりました。

それから福岡市が進めている市内中心部の再開発事業についても反対。
そのお金があるなら福祉に回せと言っていました。

これには間違いがありますが、福岡市がお金を出してやっているのではなく、
福岡市が開発許可を出して三菱地所や地場企業がやっている民間事業です。

今回の選挙は、更に福岡市を発展させたいとする現市長に対し、
そんなことするより福祉に金を回せだけの感じがしました。

ところで福祉、福祉と言われると中国の「人民公社」を思い出します。

今の中国を作った毛沢東(もうたくとう)主席は、
1949年、自分が理想とする共産主義社会を実際に実現させました。
集落ごとに人民公社という組織を作り、そこで共同生活をしました。

その中には学校も病院もあって、食べることも全て無償にしました。
しかしその結果は皆が働かなくなり、
20年後、経済は破たんしてしまいます。

そして中国歴史に汚点を残す「文化大革命」になって国は大混乱に陥りました。

全国を見ても分かるように、
経済が発展しないと福祉のお金も出ません。
やることに批判ばかりしていては先に進めません。
金を回せという前に、
福岡市をどう経済的に発展させるかを少しは考えてみてはどうでしょうか。

追記補足:
ロープウェイの話の最初は、
博多港の隣にある国際会議場、博多アリーナの人を運ぶ手段として出てきた話です。
(イベントが不定期なので路線バスが組めないそうで。)
追記2:
12月6日に行われた福岡市の新交通システム委員会では、ロープウェイにコスト、
輸送性などすべての点で高評価が出たそうです。
総工費400億円の具体的な数字も出されました。
民間事業になるかもしれないし、どこがお金を出すかなどまだ決まっていません。
ニュースで言っていました。




posted by ふうちゃん本舗 at 12:58| 店主敬白

2018年11月17日

中国、韓国の団体ツアーバスお断りします 


P1020053-1.jpg


福岡市近郊にある有名なお寺、南蔵院。
世界一のブロンズ涅槃像があります。

ここでは中国、韓国の団体ツアーバスお断りになっています。

ツアー会社とすればタダで行けるありがたい場所だったのですが、
とにかく訪問客のマナーが悪いそうです。

仏教に全く関係ない人たちだからか、
ゴミは散らかす、騒ぐ、場所を弁えないで写真を撮りまくる、
結局参拝もせずトイレを使うだけ。

慈悲深い住職も腹に据えかねたのでしょう。

実際、バスが停まると渋滞が起こるし、
近くの店に寄ってお金を落すわけではないので
以前から苦情が出ていました。

しかし、タイの観光客と思いますが
涅槃像の前で座って熱心にお祈りしている人もいます。
このような観光客は歓迎。

日本人も教会ではマナーがない人が多いので責められませんが。
観光の場ではなく、お祈りの場であることを忘れないようにしましょう。

ところで、博多駅に南蔵院の広告があります。
住職が良いことを言っていますよ。

「朝日にお願いする人は多いが、夕日に感謝する人は少ない。
一日の感謝の気持ちを忘れないように」と。

P1020057.jpg

posted by ふうちゃん本舗 at 13:55| 店主敬白

2018年11月10日

東京ラブストーリー、再放送を見た


IMG_5774.jpg

「あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 
僕らはいつまでも 見知らぬ二人のまま・・・ 」


小田和正さんの、この曲で始まる27年前のドラマ、
東京ラブストーリーが再放送されていました。

何で古いドラマを再放送?と思いましたら、
この時共演した織田裕二さんと鈴木保奈美さんが、
再びドラマ「SUITS」で共演ということで番組宣伝が目的だったようです。

27年前はバブルの時代が終わったばかり。
まだバブルの残り香のする東京で、
地方から出て来た高校同級生3人に帰国子女、
良家のお嬢さんが加わっての恋愛ドラマ。

いつも優柔不断なので、ドロドロの世界になってしまい、
毎回この先どうなるのかと。
視聴率30%を取った理由も分かります。

同世代で「カンチ(織田)」と「リカ(鈴木)」に
感情移入した人はかなり多かったと思います。

ところで当時はスマホも携帯もなかった時代、
連絡は家の固定電話と公衆電話か会社の電話。
思えばこんな状況下でデートしていたんですね。

デート場所も、住む部屋もおしゃれ、
ライトな同棲、それと多くの人が行きかう東京の街、
こんな都会の風景にみんな憧れを持ったと思います。

それにしても懐かしかった。フジテレビ、再放送ありがとう。


posted by ふうちゃん本舗 at 15:03| 店主敬白

2018年11月03日

教えてグーグル

IMG_8528.jpg

正直、ここまで音声認識が進歩するとは思いもしませんでした。
ずっと前、CNNのニュースで、
アナウンサーが言って2秒位遅れて下に英文字幕が出ていました。

誰かキーボードを叩いているにしてはあまりにも速すぎるので、
音声認識だろうと思っていました。
この頃からアメリカでは盛んに研究されていたものと思います。

先日すごいと思ったのは
(CNNではありませんが英語の) 3人の討論番組で
1秒位の遅れで字幕が出ますが、
他人の発言を遮って割り込みを入れても、
途中で発言が尻切れトンボになってもその通りの英文字幕が出ました。

個人を特定でき、訛りも捉えた音声認識になっていると思います。

ところでNHKニュースでも字幕が出ますが、
これは音声認識ではなく、予め用意されたもので難聴者向けだと思います。

まさか日本語の音声認識ができるなど、
10年も先の話だろうと思っていましたが、
多言語の翻訳機まで出て、自分の先見力のなさを改めて感じます。


posted by ふうちゃん本舗 at 13:20| 店主敬白

2018年10月23日

CMにうまく騙された

IMG_8525.jpg

なんとなく見ていたテレビで、
病気の苦労話があっていて、大変だったことに同情しながら見ていました。

途中からおかしいと気付いたのは「青汁」を飲むシーンが出て来てから。

その通〜り。 それは青汁の通販CMだったのです。

“CMとは短い時間に要点を伝えるもの” に慣れていましたので、
長い時間のものには無免疫、
うまく騙されました。

昼の何でもない時間帯は安いので、
長い時間を使うCMが流せるのでしょう。

このことを他人に伝えたら
「そんなの当たり前」と一笑に付されました。
私としては制作者のうまい持って行き方に感心しました。

このようにやり方一つで簡単に騙されるのかもしれません。
先日のニュースで詐欺被害にあった人が言っていたこと
「朴訥な東北弁なので安心して信用してしまった」のように。

話は変わりますが、
通販では、例えば1ヶ月分5000円の品が初回半額。
安いと思って買って、
もしも効果があったら継続することになりますので、
年間6万円近くの出費になります。

高く思わせないで、いかに買わせるかも通販技術。
ところでこれが売れすぎると(目安は年間100億の売り上げ)
大手から邪魔が入って潰されると聞きます。


posted by ふうちゃん本舗 at 22:31| 店主敬白

2018年10月14日

競馬の(聞きかじり)うんちく

IMG_8270-1.jpg

競馬を見ていると、
ゲートが開き一斉に馬が飛び出して行きますが、
このゲート全体のことを「発馬機」と言うそうです。

そしてこの発馬機は移動式。
トラクターで引っぱって行って所定の位置に据えられます。

移動式なのでタイヤが付いていますが、
これがブリジストンの特注品タイヤ。

ところで私が興味を持ったのがゲートの一斉解放、
どうやって一斉に開いているのかと思いました。

扉は観音開きになっていて、
バネと強力磁石を使った至ってシンプル構造です。

いろいろ電気を使うと、
漏電した時に(敏感な)馬に影響を与えてしまうので、
開く時のみ電気を加えるようになっているそうです。

観音開きの扉は下に強力バネがあって常に開く方向に力が加わっています。
その扉を閉めて、かんぬきのようなバーを下して開かないようにします。

このバーにもバネが付いていて開ける方向に力が加わっています。

このままではバーで固定できませんので、
反対方向に引っ張る永久磁石があって、
通常はこちらが勝っていますので扉は閉まったままです。

スタートの時は磁石に付けられたコイルに逆磁界になる電流を流し、
一時的に磁石の力をなくして、ロックが外れて扉が開くという仕組みです。

ところで扉が開く時は、後ろの扉も開きます。
これはしっぽが挟まっていても解放されるようにするため。

前扉を開ける前に後ろを開けても良いのですが、
開けた時の音で馬が動揺しないように、前も後も同時に開けるそうです。

まもなく京都競馬場で菊花賞。

小遣いを掛ける人も多いと思いますが、
外れても国庫金としてお役に立ちますので大きいお金を掛けましょう。


posted by ふうちゃん本舗 at 19:56| 店主敬白

2018年10月05日

福岡が京都に負ける理由


IMG_8637.jpg

博多どんたく、博多山笠開催期間以外の時に福岡市に来ても、
これと言って観光できる場所がありません。

実際、友人とか来ても、さてどこに連れて行こうかとなる筈。
京都とは大きく違っているところです。

ところで、国が制定した「グローバルMICE都市」というものがあります。

国際会議とかイベントを通じて世界に開かれた都市にしなさいというもので、
現在12都市が指定されています。
もちろん福岡市も。

ところが実際の年間実績となると、
国内順位で1位が東京で101件のイベント、
2位が京都で50件、そして名古屋、札幌と次いで
5位が大阪と福岡の17件。

世界順位では東京が18位、
京都が50位、大阪、福岡が156位となっています。

博多港には大型クルーズ船が頻繁に来ていますが(接岸数は日本一です)
これはインバウンド実績にはなるものの、MICE実績にはなりません。

通常、国際学会があると必ず参加者相手に観光ツアーが組まれます。
京都の強みは単なる神社仏閣の観光だけではなく、
体験ツアーが楽しめること。

お茶とか、生け花、着物着付け、座禅、和菓子作りなどなど。

同じようなことを福岡がやろうとしても背景がありません。
京都だからできること。

東京から近くて、世界的にも有名で、日本文化を体験できる、
そのようなことから京都が選ばれるのは仕方ないでしょう。

福岡市は高島市長に代わってからガラリと変わりました。
更に頑張ってもらって福岡市の地位を上げてもらいたいと思います。

グローバル化の必須条件、英語が通じることとキャッシュレス化。
先月から福岡市主導で電子決済の実証試験が始まりました。
これには屋台も参加しています。

posted by ふうちゃん本舗 at 15:30| 店主敬白

2018年09月26日

焼きプリンに見る日本の技術


IMG_8639.jpg

スーパーで売られているプラスチック容器に入った「焼きプリン」。
はて?どうやって作っているのだろうと思いました。

表面は焦げていますが、
容器部分は焦げてもいないし、溶けてもいない。
不思議ですよね。

これは(簡単に言うと)3つのことから実現できているそうです。

1つ目は、焦げ部分を作るために、
プリン上にゼラチンの薄い膜が作られていること。

2つ目は、その膜に160℃の熱を加えるときれいな焦げ色になること。

3つ目は、容器に160℃に耐えられものが使われていること。

これらによって自然な焦げ目色の「焼きプリン」が実現できています。

ここに辿り着くまでは技術者のかなりの試行錯誤があったものと思います。
商品化まで少なくとも1年以上はかかっているのではないでしょうか。

ちなみに、この方法で24年前に森永乳業から特許が出されていますが、
今は自由に使える技術になっています。

また、森永ビビダスヨーグルトの蓋にヨーグルトが付着しないというのも、
森永乳業と東洋アルミとの共同開発品を使っているからです。
蓋にはランダムに非常に細かい突起(顕微鏡で見ないと分からない)が作られています。
蓮の葉を模したものですが、このような加工ができる技術は日本のお家芸でしょう。


posted by ふうちゃん本舗 at 09:24| 店主敬白