2018年03月26日

警察24時番組のこそばゆさ


IMG_7092.jpg

警察は24時間犯罪に立ち向かっています、という
警察スポンサーの(冗談ですとも言えない)テレビ番組。

登場するのはベテランの模範警察官たち、対応も紳士的です。
確かに安全を守ってもらっているので頭が下がります。

しかし世の中、こんな平和な事ばかりではなく殺人事件も続いています。
そんな殺人事件を取り上げようとしても、取材協力には応じないだろうし、
視聴率は稼げないでしょう。

それで無難な「街のお巡りさん、
平和を守っています、ほのぼの」 的になってしまいます。

編集されたドキュメントですから、
見る方もドキドキして、そしてほっと安心のストーリー。
何度も放送するところをみると、かなり視聴率が取れているのではと思います。

ところでこのイメージを壊して悪いですが、
テレビドラマで刑事が「オリャー、なめとんのか、きさまー」と
チンピラを恫喝しているシーンがあります。

あながち作り話でもなく、影で警察官からどつかれた、
殴られたという者はチンピラでなくても結構多いと思います。
警察官には絶対逆らえない。

周囲の目があると「オリャー」ではなく

「はい、警察で〜す。ちょっと調べさせて下さいね〜。
持ち物を見せて頂いてよろしいでしょうか〜。
身体触りますよ〜。これは何なのかな〜?」


警察には市民の安全を守るため日々精進してもらわなければなりませんので、
警察への苦言・提言は
最寄りの警察署・派出所ではなく、「県警へ直接」
言って下さい(もみ消しができない)。 受付窓口があります。



posted by ふうちゃん本舗 at 09:39| 店主敬白