2017年06月14日

寿司職人に修業はいらない、3か月でできる、の話から


IMG_2869.jpg


先日ネットで、3か月の短期で養成された女性寿司職人が、自分の髪を触った手で寿司を握った、そもそも職人というのは・・・ということで論議を呼んでいたようです。
短期養成職人の否定が前提なので作り話のようでもあり、真意の程は分かりません。

ところでこちらは実際の話。
遅い昼食で立寄った(“サラリーマンのメッカ”の有名なJR駅、その駅前の)カツ丼チェーン店で目にしたこと。
店員は4人で、1人は中年の日本人、この人が揚げてもう1人の日本人が配膳担当、あと2人が外国人の不慣れなアルバイト。
アルバイトには料理完成写真の載った冊子を持たせていました。

アルバイトはエビフライが揚がったので写真を探すために指に唾を付けてページを捲っていました。
そのあと唖然とすることが。
その舐めた指でフライをつかんで写真の形に並べました。
座っていたカウンター席からは丸見え。
これを見た時は自分の頼んだものがアルバイトの手を通さないカツ丼で良かったと思いました。

このような話は他にも。
福岡市の大手チェーン店の24hうどん屋さんで、昼前で客がいなかったからでしょうか店内の掃除をしていました。
しかし掃除はやめたものの、そのまま手も洗わないで厨房に入り調理を始めました。

食品関係者には徹底して清潔にしてもらわなければ困りますが、食品を扱う者として意識が足りていないことは確かです。
しかし逆に我々での生活面から考えると何でも殺菌消毒の、今の潔癖社会はある意味異常。
免疫ができません。

posted by ふうちゃん本舗 at 10:10| 店主敬白