2016年12月13日

糸島半島のカキ小屋、福岡の冬の風物詩

P1040585-1.jpg

すっかり福岡の冬の風物詩となりました。
福岡市内から西へ車で約1時間、糸島半島のカキ小屋が賑わっています。
船越漁港と岐志漁港が有名です。
「小屋」と言っても大きなテント張りで、10軒ほどが並んでいます。

小屋内は一見空いているように見えますが実は予約で満席になっています。
店としては予約が入っているとその前には客を入れませんので。
休日は福岡市内からの一般客、平日はツアーの大型観光バスが来ます。
こんな状態ですので、事前に予約しておくか1時間位待つつもりで。

店は同じ漁協の組合員がやっていますので基本的なものは変わりませんが、店によってサイドメニューが違います。
カキ、サザエ、その他の新鮮な魚介類をたらふく食べても2000円/人程度ではないかと思います。
ところでカキの価格だけは漁協間で統一していて、今年は1Kg1000円で販売です。

焼くテーブルは5〜6人席になっていますが、少人数でも断られることはありません。

P1040587-1.jpg

(空き席に見えるが予約で満席)

posted by ふうちゃん本舗 at 10:02| 店主敬白