2016年10月19日

ゴキブリさんを見る目が変わった、でも家には来ないで下さい


IMG_8863.jpg


先日ネット動画でゴキブリの動きを紹介しているものがありました。
あの不快なゴキブリを?と思われるでしょうがちゃんとした研究紹介です。
バークレーの名前が出ていますので紹介しているのはカリフォルニア大学の研究者でしょうか。

ゴキブリのすごさは「ロバスト性」を持っていることだそうです。
初めて聞いた言葉です。
ゴキブリはでこぼこ地面でも、草の上、草の中、どんな複雑な地形でも安定を保って走り抜けられます。
急に反転して身を隠すこともできます。
その速さは1/6秒とか、すぐに見失ってしまう訳です。

ワイヤーを逆さになって移動することもできますし、飛ぶこともできます。
羽はひっくり返った場合の起き上がるのにも使われます。
6本脚を3本づつ交互に動かして移動しますが、仮に足を3本にしても跳ねるような動きになり移動する速さは変わりません。

こんな臨機応変に対応できるのが「ロバスト性」とのこと。
そして僅か3mmの隙間があれば通り抜けができます。
上から体重の800倍の力を加えて60%圧縮しても死にません。
このような実証動画が紹介されていました。

しかしこれからがすごい、このゴキブリの動きと柔軟な体構造をロボットで再現させようとしているのです。
そして一部は実現できていました。
将来は災害救援ロボットにこの技術が応用されるかも。
これでゴキブリを見る目が変わりました。
ゴキブリさんすごい。でも家には来ないで下さい。


(ユネスコ無関係の)記憶資産http://blog.goo.ne.jp/photo/351515

(無関係)記憶資産 続きhttp://blog.goo.ne.jp/photo/363389



posted by ふうちゃん本舗 at 09:55| 店主敬白