2016年10月09日

通勤ラッシュの生き地獄を初体験


IMG_4506.jpg 


昨年の夏でしたか、東京の地下鉄が通勤ラッシュの時に止まってしまい、気分の悪くなった乗客が次々と救急車で運ばれたというニュースが流れていましたが、
東京の通勤時間帯のすごさをこの歳になって初めて体験しました。

あるJR駅に行きましたら既にホームは乗る人で満タン状態。
うわ〜ぁと思いましたが時間もないし覚悟を決めました。
この混雑は福岡では絶対あり得ない光景。電車は数分おきに来ますがそれでも乗り切れずに1回待ち。
そして人に押されるまま車内へ。もうこれ以上無理だというのにまだ乗って来ます。
ホームではピーピーと駅員の笛の音がうるさい。

持っていたバッグが押しつぶされるので上げて持っていたらもう手が下せなくなりました。
全く身動きが取れない状態でひたすらガマン。
乗り換え駅に来たら今度はバケツの水を流すように、どどっと外に押し出されてしまいました。

都会ではこうゆう事が毎日々々繰り返されている訳ですから大変だなと思います。
しかしこのラッシュはある意味、都会人としては優越感があることかもしれません。
東京はいつもこうなんだよ、田舎とは違うよ、と。



(ユネスコ無関係の)記憶資産http://blog.goo.ne.jp/photo/351515

(無関係)記憶資産 続きhttp://blog.goo.ne.jp/photo/363389



posted by ふうちゃん本舗 at 12:45| 店主敬白