2016年06月21日

「KITTE博多」を見に行った

P1040357-1.jpg

(こちらはKITTE丸の内 中は吹き抜けになっている)

博多駅の横にあった博多郵便局が日本郵便が大家となって「KITTE博多」という商業ビルに生まれ変わりました。
そして中には九州へ初進出の(関東ではお馴染み)“OIOI”の丸井が入りました。

ところでKITTE博多は、東京駅前の東京中央郵便局がKITTE丸の内になったのに次いで全国で2番目です。
日本郵便が丸の内の次に博多を選んだということに福岡の者としてはちょっと鼻が高い。

博多郵便局は鉄道郵便の仕分け局として活躍してきましたが、今はトラック便と航空便が主流になり別の場所に大きな仕分け局ができて役目も終わりました。
それとビルの老朽化による建て直しを機会に再開発となり、丁度タイミングが合ったこともあると思います。

開業する3か月前に見た時は全面ガラス張りの外装は仕上がっていましたが、まだ1F部分が塀で囲まれダンプが出入りし、覗くと中は埃だらけでした。
しかし開業したら前に見た汚さとは大違い、きれいに仕上がっていました。

1Fはスイーツ、2Fはファンシー雑貨の店が並び、3Fから上はファッション、レストラン・グルメになっています。

KITTE丸の内は場所が場所だけに気取ったところがありますが、KITTE博多はそのようなことはありません。

ところで丸井としては早くも頭が痛い話が出ているとか。それは開店見物客が一巡してからは客足が落ちているそうです。
客はこんなものかと思ったら次は行かないので。

先に開店している、同じ関東系の(福岡)PARCOは開店した時のままの集客力を保っています。盛況ですのでこの違いは何なのでしょうか。
関東でのやり方をそのまま博多に持ちこんでしまった?

丸井は九州内に店舗を広げるつもりだそうですから、このKITTE博多で九州ノウハウを積んで頑張りましょう。


(ユネスコ無関係の)記憶資産http://blog.goo.ne.jp/photo/351515

(無関係)記憶資産 続きhttp://blog.goo.ne.jp/photo/363389



posted by ふうちゃん本舗 at 08:35| 店主敬白