2015年11月27日

九州大学工学部本館のライオン飾り

IMG_8824-1.jpg
(旧工学部本館建物)

今から85年前の1930年に建てられた九州大学の旧工学部本館ですが(工学部は既に新キャンパスに移転してしまったので「旧」、今は総合研究博物館となっている)、建物壁面にライオンの飾りが付いていることをある資料から知りました。

飾りは雨どいの上部にありました。全部で50個あるそうです。
この建物は九州帝国大学の建築課長だった倉田さんという方が設計されたそうですが、ライオン飾りに関しての図面は残っていないそうです。
倉田さんは旧門司市役所(今は北九州市門司区)も設計されており、これにも別の形のライオン飾りが付いていたそうです。
それとこの工学部本館玄関にはステンドグラスも付けられています。

ところでこの建物には更に古い話しがあり、実は同じ場所に「(元)工学部本館」があったそうで、これは火災で焼失してしまいましたが、その赤レンガを再利用して大学本部建物が造られました。
この本部建物には帝国大学時代に天皇陛下をお迎えした貴賓室があるそうです。

現在九州大学は別場所に新築移転中ですが、このレンガ建物(工学部本館、大学本部)だけは保存される予定にはなっていますが、九州大学の管理から外れますので売却先の意向となります。

IMG_8847.jpgIMG_8833.jpg
(雨どい上部のライオン飾り)

IMG_8826.jpg
(大学本部建物)

(次回に続く:九大構内にある戦争の名残り建物)
http://fu-honpo.com/article/168784283.html


posted by ふうちゃん本舗 at 08:38| 店主敬白