2018年07月02日

山笠のあるけん博多たい 2018博多山笠始まる


IMG_8305.jpg


山笠のあるけん博多たい !

博多には山笠があるというのではなく、
山笠があるから、
祭り好きで人情豊かな博多が出来上がるのだ、

博多っ子の気持ちを良く表していると思います。
実はこれ、昔、博多銘菓のCMに使われた言葉です。

その博多山笠が始まりました。
今年で777年目。

福岡市内14カ所に1基1000万円の飾り山笠が建てられています。
7月14日夜までの公開です。

飾り山笠は博多人形師が作ります。
全て紙と竹、木で出来ています。
但し着物は本物、京都の西陣織の特注品です。


IMG_8280.jpg

山の中に博多の総鎮守、櫛田神社の神を迎え入れるために、
7月1日の朝に「御神入れ」の神事をします。
その後の山は神聖なものになるので、関係者以外触ってはいけません。


IMG_8272.jpg

博多の老舗、
上川端通りには「唯一、走る飾り山笠」が展示されていますが、
御神入れの時だけアーケードの屋根が開き、
山が伸びて空に突き出します。

天井が開くのは商店街の長いアーケードの中でもこの場所だけです。

通常はアーケードの高さまで縮められ、
商店街内を順番で、毎朝場所を移動して展示しています。

そして最後の日、追い山笠の時にアーケードから出て
道を走りますが、この時には上まで伸ばします。

他の飾り山は、山小屋を作って展示していますが、
ここはアーケードで高さが制限されてしまいます。

それで山笠の方に合わせて
開閉式のアーケードを作ったと言う訳です。

普通、そこまでやるか? と思うでしょう。
しかし高さにこだわりを持っていますので、
アーケードの方を変えてしまいました。

これをやれるのが博多なんです。
だから「山笠があるから博多」、
この気持ち分かりますか。



posted by ふうちゃん本舗 at 09:23| 店主敬白