2017年04月09日

浪花節ではやって行けない今の会社


IMG_2570.jpg

(3点セット: 桜と菜の花とJR九州アクアライナー)


近くのガソリンスタンド、先日前を通った時には元気の良い声が聞こえていましたが、今日通ったら柵で囲われていてひっそりしていました。
他業種のような「閉店売りつくしセール」もなく、私としてはいきなりの閉店に思えました。
同じようなことが他にも。

特殊な技術を持っていて、その分野では一目置かれていたある小さな半導体メーカーが、いつの間にか京都の京セラに吸収されていました。
調べると「吸収合併のお知らせ」があり、新しい事業所となったものの、全く前の会社の名前は残されていません。
一方的な吸収だったようです。製品も市場から消えてしまっていました。

(年配者しか知りませんが)「浪花節だよ〜人生は〜♪」という演歌がありますが、旧日本式 “浪花節”経営では通用しなくなりました。

ところで話は変わりますが、使っているある測定器(アメリカ製)も会社が吸収されたことは知っていましたが、故障したので修理に出したところ面白いことになって戻って来ました。

それは画面をプリントアウトすると右上に吸収した(アメリカでは有名な)親会社のロゴマークが勝手に印刷されるのです。
それと待ち画面にも会社ロゴが出ます。修理中に中のソフトを書き換えたものと思います。
いかにもアメリカらしい。
アメリカは吸収合併が速いですが手放しも速い、会社がまた変われば、新しい引き受け手がロゴを書き直すのかと思います。


posted by ふうちゃん本舗 at 09:36| 店主敬白