2016年08月30日

雷の恐怖体験がトラウマになっている


IMG_4077.jpg


8月初めでしたか落雷のために地震警報が誤動作して関東一帯に震度7の警報が出ました。
携帯には流れなかったようですが受けた機関などは対応に追われたことと思います。

この季節、雷が鳴ると思い出します。
8月も終わって9月の最初の週でした。若い時に長野の戸隠山に登り、ふもとのキャンプ村でテントを張りました。
9月初めのキャンプ村は貸テントが並んでいるだけで誰もいません。
食事も済ませあとは寝るだけになりました。

日が暮れるにつれ雷が鳴り出し、大雨になりました。
ピカピカと光っている間は良かったのですが、テントの中から稲妻の放電が透けて見えるようになり、光の色も青白からピンクに変わり近くに落ち始めました。
あり得ませんがバリバリという音の方が光より早く聞こえる感じがしました。

本当にヤバイと思い空いていた近くの大型テントの中に逃げ込み、
大地との絶縁を取ろうと空気マットを広げその上にいました。
幸い雷の直撃は受けませんでしたが、その時は覚悟を決めていました。
激しい雷雨でしたのでテントの中までズブ濡れになり、翌日は予定を変更して濡れた物の天日干しをしました。

これを思い出と言って良いのかどうか。
今はこれがトラウマとなり、雷がピカピカしている時には傘を差して歩く勇気がありません。



(ユネスコ無関係の)記憶資産http://blog.goo.ne.jp/photo/351515

(無関係)記憶資産 続きhttp://blog.goo.ne.jp/photo/363389



posted by ふうちゃん本舗 at 08:17| 店主敬白